出典: meddic

がん腫瘍腫瘤良性新生物

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 血液瘍における遺伝子変異
  • 残胃癌と多発性分枝型膵管内乳頭粘液性瘍(IPMN)の同時性重複瘍の1例
  • 久保 秀文,鈴尾 舞子,中須賀 千代,多田 耕輔,宮原 誠,長谷川 博康
  • 山口医学 62(2), 117-122, 2013-05-01
  • … 粘液性瘍(以下,IPMN)の1例を経験したので報告する.症例は62歳の男性で30歳代に胃癌にて幽門側胃切除,Billroth II法再建の手術歴あり.心窩部痛を主訴に近医を受診し上部消化管内視鏡検査による生検で残胃内に早期胃癌を診断された.精査のため当院へ紹介され,画像診断で膵内に多発する多房性嚢胞性瘤を指摘されIPMNと診断した.胃癌に対してD1郭清を伴う胃全摘術を,膵瘤に対 …
  • NAID 120005246415

関連リンク

中皮腫(ちゅうひしゅ、英: Mesothelioma)とは、中皮細胞由来の腫瘍の総称である。 悪性のもの、良性のものの双方がある。 発生場所は胸膜が多く、悪性胸膜中皮腫(PPM; Pleura Malignant Mesothelioma)として知られている。 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。
肥満細胞腫localisation: 舌診断: リンパ管腫診断: 血管腫 : 下腹部診断: 蛇行状血管腫診断: 老人性血管腫診断: 嚢腫型基底細胞腫


★リンクテーブル★
先読み腫瘍」「tumor」「腫瘤
リンク元tumour」「良性新生物
拡張検索神経線維腫症2型」「骨髄腫」「多発性神経線維腫

腫瘍」

  [★]

tumor
新生物 neoplasm new growth NG


分類(EPT.65)

悪性度

細胞と間質の割合

発生学的由来

  • 上皮性腫瘍
  • 外胚葉性、中胚葉性、内胚葉性
  • 非上皮性腫瘍
  • 間質由来(中胚葉性)

組織学的分類

上皮性腫瘍

良性腫瘍
悪性腫瘍

非上皮性腫瘍

良性腫瘍
悪性腫瘍

臓器別分類

外陰部(女性)

子宮

卵巣

  • 表層上皮性・間質性腫瘍 Surface epithelial-stromal tumors
  • 性索間質性腫瘍 Sex cord/stromal tumors
  • 胚細胞腫瘍 Germ cell tumors

腫瘍と関連する疾患 first aid step1 2006 p.294

tumor」

  [★]

  • n.


WordNet   license wordnet

「an abnormal new mass of tissue that serves no purpose」
tumour, neoplasm


腫瘤」

  [★]

mass, tumor, phyma
硬結


tumour」

  [★]

  • n.
neoplasianeoplasm、-oma、oncooncologictumor


良性新生物」

  [★]

benign neoplasm
がん腫瘍良性腫瘍


神経線維腫症2型」

  [★]

neurofibromatosis type 2 NF2, neurofibromatosis type II NF II, neurofibromatosis 2
神経線維腫症II型
神経線維腫症1型 neurofibromatosis type 1 NF1

概念

  • 中枢神経系良性腫瘍
  • 両側の聴神経線維腫を伴う → 聴神経線維腫症

病因

遺伝

疫学

  • 5-10万人に1人

症状

難聴、めまい、平衡覚の異常

合併症

診断

検査

治療

診断基準(NIH)

以下の1つ以上を満たす。

予後

  • 予後不良。



骨髄腫」

  [★]

myeloma
ミエローマ
multiple myeloma


概念

  • 1. 骨髄中に形質細胞が腫瘍性に増加する造血器腫瘍

疫学

  • 60歳以上の高齢者に多く、40歳以下では稀。
  • 男性に多く、好発年齢は50-70歳代。

症状

  • 全身倦怠感、腰痛など

ISS病期分類

  • これまで骨髄腫の病期分類にはDurie&Salmonの病期分類が使用されてきたが、Ⅰ期とⅡ期に統計学的有意差を認めなかったため、ISSの病期分類が提唱された。病期と生存期間は相関が認められ、余後の予測に有効である。分類はβ2MG量とAlb量によって決まる。

stage1 血清β2MG<3.5mg/lかつ
血清Alb≧3.5g/dl
stage2 1,3以外(血清β2MG :3.5<,<5.5もしくは血清β2MG<3.5かつAlb<3.5)
stage3 血清β2MG≧5.5mg/l



多発性神経線維腫」

  [★]

multiple neurofibroma
神経線維腫症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡