腟留血腫

出典: meddic

-腟留血症


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 下腹部痛と尿閉にて発見された10歳処女膜閉鎖症の1例
  • 若尾 純子,嶋寺 伸一,小野 滋,岩井 直躬
  • 日本小児外科学会雑誌 47(3), 327-330, 2011-06-20
  • … 症例は10歳女児.強い下腹部痛と尿閉を主訴に小児科救急外来を受診した.当初,腹部X線検査と腹部超音波検査にて腹腔内腫瘤が疑われたが,腹部CTおよび局所所見より処女膜閉鎖症による腟留血腫と診断し,MRIにて合併奇形のないことを確認した.手術では閉鎖した処女膜を輪状切開し,粘稠な旧血性内容液を350ml排出させた後,処女膜の切開縁を全周性に縫合した.術後経過は良好で,定期的な月経の発来を認めている.本症は比較 …
  • NAID 110008673248
  • 機能性子宮を有する先天性下部腟欠損症の1例
  • 高井 由紀,辻 なつき,錢 鴻武,熊倉 英利香,濱田 啓義,榊原 敦子,西岡 良泰,松下 克子,永野 忠義,古山 将康,矢野 樹理
  • 産婦人科の進歩 60(3), 2008
  • … てまれな疾患である.今回われわれは機能性子宮を有し,子宮腟留血腫を認めた先天性下部腟欠損症の1例を経験したので報告する.症例は15歳,未妊女性で,周期的な下腹部痛および原発性無月経を主訴に近医を受診したところ,腟口閉鎖および下腹部腫瘤を認めたため精査目的にて当科紹介された.超音波断層法,MRIにて子宮腟留血腫を伴う下部腟欠損症と診断し,腟式血腫ドレナージおよび腟形 …
  • NAID 130001223085
  • 排尿障害を契機に発見された処女膜閉鎖症の1例
  • 山本 雅司,原本 順規,永吉 純一,木村 昇紀
  • 泌尿器科紀要 50(12), 889-891, 2004
  • … 方に圧排されていた.なお,DIPにて膀胱が軽度圧迫されていたが,両腎には異常を認めなかった.尿流率測定は最大尿流率5.9ml/s,平均尿流率3.5ml/s(排尿量70ml,残尿15ml)であった.以上の所見より,処女膜閉鎖症による腟留血腫と診断し,婦人科にて処女膜十字切開術が施行され,凝血塊約300mlが排出された.術後経過は良好で,排尿状態は最大尿流率33.2ml/s,平均尿流率13.4ml/s(排尿量266ml,残尿0ml)と改善した.また,術後定期的に月経がみられ …
  • NAID 120002141361

関連リンク

る.また,対側の子宮・腟との交通性の有無によ. り臨床症状は大きく異なり,その診断・ 治療に苦. 慮することも多い.今回我々は,初経より約 1 年. 原 著 日産婦関東連会報 41:365―371,2004. 片側腟留血腫を呈した重複子宮例の診断・治療. 伊香加納子 ...
Wunderlich症候群は,重複子宮の一側が盲端となり留血腫を形成し,さらに同側の腎 無形成を合併した稀な疾患である.また,盲端を形成している片側子宮を放置していると 子宮内腔のダメージをきたしたり感染を起こし,さらに子宮内膜症を発症せしめるなど ...

関連画像

消化管消化管消化管その他(Miscellaneous)シリーズ18 その他(Miscellaneous)シリーズ18


★リンクテーブル★
関連記事血腫」「

血腫」

  [★]

hematoma
haematoma
血瘤


MRI

参考1
血腫におけるヘモグロビンの変性とMRI所見
出血 血液成分 T1強調画像 T2強調画像
直後(~24時間) オキシヘモグロビン 軽度低信号 軽度高信号
1~3日(急性期) デオキシヘモグロビン 軽度低信号 低信号
3日~1カ月(亜急性期) 血球外メトヘモグロビン 高信号 高信号
1カ月以上(慢性期) ヘモジデリン 軽度低信号 低信号

参考

  • 1. B.産婦人科検査法 9.婦人科疾患のMRI 診断 - 日産婦誌53巻6号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/53/5306-099.pdf



腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡