腔水症

出典: meddic

和文文献

  • 産婦人科エコー 何を考えるか?(14)胎児の浮腫と腔水症

関連リンク

今月の臨床 胎児疾患の管理 胎内治療の時代を迎えて 胎内治療の適応と実際 胎児水腫・腔水症 佐藤 昌司 ※ 1 ※1 九州大学病院周産母子センター
体腔に水分が貯留すること(腹水,胸水,心嚢水など)を腔水症(anasarca )という.全身に起こる 浮腫を全身浮腫という.浮腫は,血管透過性の亢進,血漿浸透圧の低下(血液中蛋白質,糖,Na イオンの減少による:栄養障害,肝 ...
胎児水腫 1.胎児水腫とは 胎児水腫とは胎児の胸部や腹部に水(胸水、腹水)がたまり(腔水症)、さらに全身のむくみ(浮腫)が認められる状態をいいます。 原因は大きく二つの原因に分類されています。 (1) 免疫性胎児水腫

関連画像

日時] 2009年(平成21年)09月14 3.部門の特色日時] 2007年(平成19年)11月1日 腔水症(くうすいしょう)とは


★リンクテーブル★
関連記事水症」「

水症」

  [★]

hydropsdropsyhydropichydropical
水腫浮腫

症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡