腎阻血時間

出典: meddic

-温阻血時間


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • マイクロ波組織凝固装置を用い無阻血下腎部分切除術を行った両側腎腫瘍の1例
  • 飯島 和芳,川上 雅子,佐藤 智哉,石塚 修,西沢 理
  • 泌尿器科紀要 47(8), 565-568, 2001-08
  • … 2例は,術後急性腎不全に対し一時的に人工血液透析療法が必要であった.一方,本症例はマイクロ波組織凝固装置を用いた手技で,両側腎腫瘍を同時に摘除したにも拘わらず,腎機能の低下はなく術後の血液透析は不要であり,術者が腎阻血時間を気にせずに手術が可能である点でも優れた手技であるWe report a case of bilateral renal cell carcinomas in a 56-year-old male treated by partial nephrectomy at the same time using a microwave tissue coagulator …
  • NAID 120002142166
  • 非同期性両側性腎細胞癌2例に対する核出術の経験
  • 清水 弘文,三木 誠,松本 哲夫,間宮 良美,平田 亨,栃本 真人,伊藤 貴章,塩沢 寛明,辻野 進,小柴 健一郎
  • 日本泌尿器科學會雜誌 81(7), 1087-1090, 1990-07-20
  • … 60歳女性,右腎細胞癌のため腎摘除術を行ない10年後,CTなどで左腎細胞癌と診断した.腫瘍核出術を施行し,腎阻血時間は37分,術2時間後より尿排泄を認め,Ccrは65ml/min.,20ヵ月後著変を認めない.症例2:62歳男性,右腎細胞癌のため腎摘除術を施行,11年後に左腎に再発した.腫瘍核出術(3コ)を行ない,腎阻血時間は53分,術後透析を10回行ない,その後利尿がつき,Ccr47.3ml/min.まで回復,13ヵ月後の現在著変を認めない.病理 …
  • NAID 110003085430

関連リンク

見出し 日本移植学会も認める、80年代前半で3割は脳死下臓器摘出 小児ドナーからの死体腎移植統計 温阻血時間からみると80年代前半で8割強が、 現在はほとんどが「脳死」下臓器摘出 死体腎移植の温阻血時間 日本臓器移植 ...
臓器 阻血許容時間 最長搬送時間 臓器 阻血許容時間 最長搬送時間 心臓 4時間 2~3時間 腎臓 24時間 22時間 肝臓 12時間 10時間 膵臓 24時間 22時間 肺

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元温阻血時間
関連記事」「時間」「阻血時間

温阻血時間」

  [★]

warm ischemic time
WIT
腎阻血時間

間」

  [★]

一方インター~の中で

時間」

  [★]

期間時期瞬間モーメント~倍の

阻血時間」

  [★]

ischemic time
虚血時間




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡