腎血行再建

出典: meddic

renal revascularization


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • もやもや病に合併した腎血管性高血圧で, 15年間降圧薬療法を受けた後腎血行再建に成功した一例(第99回日本循環器学会近畿地方会)
  • Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 69(Supplement_III), 973, 2005-10-20
  • NAID 110004051297
  • アルドステロン産生副腎腺腫を合併した腎血管性高血圧の1例
  • 高血圧を有する腎動脈瘤患者における血管再建術とカプトプリル負荷テストの有用性に関する検討

関連リンク

November 12, 2009 Vol. 361 No. 20 腎動脈狭窄に対する血行再建術と内科的治療の比較 Revascularization versus Medical Therapy for Renal-Artery Stenosis The ASTRAL Investigators 前へ 次へ
腎静脈レニン活性の測定は誤解を招くことがあり,手術が考慮されない限り必要ない。しかしながら,一側性の病変では,腎静脈レニン活性比(非患側に対する患側の比)が1.5を超える場合,通常は血行再建術による良好な転帰が予測 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事再建」「血行」「血行再建

再建」

  [★]

reconstructionrestorationreestablishmentreconstructrestorereestablish
回復再建術再構築修復復元復旧再確認復活


血行」

  [★]

blood circulationcirculationcirculatoryhematogenic
血液循環血行性循環循環性流通血行路


血行再建」

  [★]

revascularization
血管再生血行再建術血管再建血管再支配





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡