腎毒性

出典: meddic

-nephrotoxicity


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • PP-388 還元型コエンザイムQ10のシクロスポリン腎毒性予防効果(一般演題ポスター発表・討論,一般演題ポスター,第99回日本泌尿器科学会総会)
  • 石川 晃,久米 春喜,本間 之夫
  • 日本泌尿器科學會雜誌 102(2), 468, 2011-03-20
  • NAID 110008612761
  • 〈原著〉洗浄回収処理血への各種血液保存液添加の効果
  • 上原 圭司
  • 近畿大学医学雑誌 36(1), 25-32, 2011-3
  • … 用いて洗浄回収処理血を作成し,これに各種の血液保存液を添加して,経時的な変化を赤血球脆弱試験,血清電解質濃度測定,2,3-DPG測定,ATP測定,および光学顕微鏡像により評価した.ATP維持の観点から赤血球若返り液であるAIS液の添加が最も効果的であったが,作成の煩雑さや,投与量に伴うイノシンの腎毒性を考慮すると,解糖系の基質であるグルコースの添加が,より簡便で効率的である可能性が示唆された. …
  • NAID 120003002905

関連リンク

第二の禁忌要因は、腎臓に対する直接的な悪影響です(腎毒性)。たとえば、痛み止め・解熱薬として広く用いられている抗炎症・解熱鎮痛薬(NSAIDs)。この部類は、腎臓の血流量を減少させ腎障害を悪化させるおそれがあるため ...
薬剤による四大臓器障害として、骨髄障害・肝障害・腎障害・皮膚障害がよく知られています。中でも薬剤性腎障害は重要な一症候です。 腎障害は、腎臓への血流の減少や糸球体・尿細管への直接的な毒性により起こります。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問088B060
リンク元nephrotoxicity
関連記事」「毒性

088B060」

  [★]

  • 腎毒性の強い薬物
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

nephrotoxicity」

  [★]

  • 腎毒性
nephrotoxicrenal toxicity


性」

  [★]

sex, gender



毒性」

  [★]

toxicity





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡