腎尿細管性アシドーシスIII型

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

2010年11月15日 ... 腎尿細管性アシドーシス(renal tubular acidosis: RTA)は腎が原因となって代謝性 アシドーシスを呈する疾患である。 ... を近位尿細管にて再吸収できずに尿中に失うII型、 両方の要因によるIII型、遠位尿細管の機能障害によりK+、H+の排泄が ...
困難な症例においては,低用量ヒドロクロロチアジドによる治療(25mg,経口にて1日2 回)により,近位尿細管の輸送機構が活性化しうる。広汎性近位尿細管障害の場合は, 低リン酸血症と骨疾患をリン酸塩とビタミンD補充による血漿リン酸塩 ...

関連画像

腎尿細管性アシドーシス 型腎 尿細管性アシドーシス  PO 4 - ):遠位尿細管、集合管尿細管障害によるアシドーシス


★リンクテーブル★
関連記事腎尿細管性アシドーシス」「I」「アシドーシス」「」「II

腎尿細管性アシドーシス」

  [★]

renal tubular acidosis, RTA
尿細管アシドーシス 尿細管性アシドーシス
代謝性アシドーシス
遠位尿細管性アシドーシス近位尿細管性アシドーシス1型尿細管性アシドーシス尿細管性アシドーシスI型
[show details]

概念

分類

  • 遠位尿細管性アシドーシス RTA I :H+の排泄障害。代わりにK+が排泄。高度の血清K低下。尿pH≧5.5(酸性化できない)。尿路結石を生じやすい。
  • 近位尿細管性アシドーシス RTA II:近位尿細管でのHCO3-再吸収障害による。遠位尿細管でK+が排泄され、低カリウム血症を生じる。尿pH≦5.5(酸性化ok)。
  • 低アルドステロン症 RTA IV:アルドステロン欠乏やアルドステロン抵抗性と関連した病態。高カリウム血症を呈し代謝性アルカローシスとなる。HCO3-≧17mEq/L, pH≦5.3 (参考)

参考

  • 1. [charged] Pathophysiology of renal tubular acidosis and the effect on potassium balance - uptodate [1]



I」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 9th letter of the Roman alphabet」
i

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『私は』私が」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「iodineの化学記号」


アシドーシス」

  [★]

acidosis
アルカローシス


  • pHが下がること。

産科

  • 胎児では7.0未満でアシドーシスと判断する。
  • 胎児末梢血pH7.20以下で急遂分娩の適応

治療

  • 重炭酸ナトリウムによるpHの補正は必要に迫られない限り行わないらしい。組織の酸素化を障害したり、脳血流を減少させたりするため、らしい。


型」

  [★]

機序形式形成形態種類パターンパターン形成品種編成方法モード様式タイプ標本タイプフォーム成立形づくる
原型


II」

  [★]




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡