出典: meddic

kidneyrenal
腎性腎臓


漢方医学

機能

  • 1. 成長、発達、生殖能を維持する
  • 2. 骨、歯牙の形成と維持に関与
  • 3. 水分代謝を調節する
  • 4. 呼吸脳を維持する
  • 5. 思考力、判断力、集中力を維持する

失調

  • 症状:性欲減退、骨の退行性変化、歯芽の脱落、毛髪の脱落、夜間頻尿、浮腫、口渇、息切れ、精神運動の低下、視力・聴力の低下、不眠、四肢の冷え・ほてり、しびれ、小腹不仁
  • 治療方剤
  地黄 山茱萸 山薬 沢瀉 茯苓 牡丹皮 桂皮 附子 牛膝 車前子 特徴的な効能
八味地黄丸     四肢の冷え
六味丸         四肢のほてり
牛車腎気丸 四肢の冷え、下肢のむくみ

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/07 19:36:58」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床研究・症例報告 川崎病の急性期に急性糸球体炎を発症した7歳男児
  • 滝澤 慶一,張田 豊,西本 創 [他]
  • 小児科臨床 68(5), 1045-1050, 2015-05
  • NAID 40020429641
  • 言語機能や疾患など、障害年金認定基準改正で通知 聴覚の障害では障害者手帳の見直しにあわせて改正
  • iPS細胞研究最前線 : 疾患モデルから臓器再生まで(Vol.20)発生機構の解析から挑むiPS細胞からの臓三次元再構築
  • 太口 敦博,西中村 隆一
  • 医学のあゆみ 253(2), 193-201, 2015-04-11
  • NAID 40020421772
  • 患者のQOL向上と薬剤師の関わり PARTⅡ.服薬指導と病棟活動(94)持参薬における推算糸球体濾過量(eGFR)30mL/分/1.73m²未満患者への 排泄型薬剤の適正使用とその対策
  • 森田 啓嗣,角南 陽子,洲脇 純三 [他]
  • 医薬ジャーナル 51(4), 145-150, 2015-04
  • NAID 40020427588

関連リンク

腎臓の病気 腎臓の病気で注目されている病気が慢性腎臓病です。 慢性腎臓病(chronic kidney disease;CKD)とは、簡単に言うと、腎臓の機能が60%未満に低下することを言います。 国民のほぼ1割、1,100万人の腎機能が60%以下に ...
デジタル大辞泉 腎の用語解説 - [常用漢字] [音]ジン(呉)1 五臓の一。腎臓。「腎盂(じんう)・腎炎・腎虚/副腎」2 大切な所。かなめ。「肝腎」 ... 私はこうして数値を改善した 実際にアンケート調査を行った ...
腎移植世界トップクラスの症例数。東京女子医科大学腎臓病総合医療センター泌尿器科 ... 主なカテゴリ 透析・腎移植 腎血管外科など 腎臓がん・前立腺がん 膀胱がん・腫瘍 外来案内 小児に関わる病状 女性に関わる疾病

関連画像

左腎断面腎臓の構造 (イラスト1,2 構造】自然に生きたい、あなたへ 腎功能剩三、四成的人可以服用 腎 小 管 的 另 一頭 和 其他 腎 腎細胞がんの多くは、静脈へ 电解质紊乱、代谢性酸中毒

添付文書

薬効分類名

  • ワクチン・トキソイド混合製剤

販売名

クアトロバック皮下注シリンジ

組成

製法の概要

  • 本剤の製法は次のとおりである。
    百日せき菌I相菌(東浜株)の培養菌ろ液から遠心及びカラムクロマトグラフィーの物理化学的方法で感染防御抗原(百日せき毒素及び線維状赤血球凝集素)をそれぞれ単離精製し、ホルマリンで減毒化した両防御抗原を含む液を作製する。ジフテリア菌(Park-Williams No.8株)の産生する毒素を精製し、ホルマリンで無毒化(トキソイド化)したジフテリアトキソイドを作製し、アルミニウム塩を加えて不溶性とする。破傷風菌(Harvard A-47株)の産生する毒素を精製し、ホルマリンで無毒化(トキソイド化)した破傷風トキソイドを作製し、アルミニウム塩を加えて不溶性とする。弱毒ポリオウイルスセービン株の1型(LSc,2ab株)、2型(P712,Ch,2ab株)及び3型(Leon,12ab)をVero細胞(アフリカミドリザル腎臓由来の株化細胞)でそれぞれ増殖させ、得られたウイルスを精製した後に、ホルマリンで不活化し混合した三価不活化ポリオウイルス液を作製する。本剤は、これら全てを混合したものである。
    なお、本剤は製造工程でウシの乳由来成分(カザミノ酸、スキムミルク、ポリペプトン、乳糖、エリスロマイシンラクトビオン酸塩、ラクトアルブミン加水分解物)、ウシの肝臓、ウシの血液、ウシの血液由来成分(血清)、ウシの肉、ブタの胃由来成分(ペプトン)、ブタの膵臓由来成分(パンクレアチン、トリプシン)、ウマの血液由来成分(血清)、クジラの心臓由来成分(ハートエキス)、ヒツジの毛由来成分(コレステロール)及びヒトの血液由来成分(アポセルロプラスミン)を使用している。

組成

  • 本剤は、0.5mL(1シリンジ)中に次の成分を含有する。

有効成分

  • 百日せき菌防御抗原:4単位以上
    ジフテリアトキソイド:16.7Lf以下
    破傷風トキソイド:6.7Lf以下
    不活化ポリオウイル1型(Sabin株):1.5DU注)
    不活化ポリオウイル2型(Sabin株):50DU注)
    不活化ポリオウイル3型(Sabin株):50DU注)



注)DU:D抗原単位

添加物

  • ブドウ糖:0.5mg
    L-リシン塩酸塩:0.05mg以下
    エデト酸ナトリウム水和物:0.035mg
    ホルマリン(ホルムアルデヒドとして):0.05mg以下
    塩化アルミニウム:1.5mg以下
    水酸化ナトリウム:0.6mg以下
    塩化ナトリウム:2.9mg
    リン酸水素ナトリウム水和物:0.16mg
    リン酸二水素ナトリウム:0.16mg
    M199培地:0.9mg
    pH調節剤

禁忌

(予防接種を受けることが適当でない者)

  • 被接種者が次のいずれかに該当すると認められる場合には、接種を行ってはならない。
  • 明らかな発熱を呈している者
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者
  • 本剤の成分によってアナフィラキシーを呈したことがあることが明らかな者
  • 上記に掲げる者のほか、予防接種を行うことが不適当な状態にある者


効能または効果

  • 百日せき、ジフテリア、破傷風及び急性灰白髄炎の予防

初回免疫

  • 小児に通常、1回0.5mLずつを3回、いずれも3週間以上の間隔で皮下に注射する。

追加免疫

  • 小児に通常、初回免疫後6か月以上の間隔をおいて、0.5mLを1回皮下に注射する。

接種対象者・接種時期

  • 本剤の接種は、生後3か月から90か月までの間にある者に行うが、沈降精製百日せきジフテリア破傷風混合ワクチンと同様に、初回免疫については、標準として生後3か月から12か月までの者に3〜8週間の間隔で、追加免疫については、標準として初回免疫終了後12か月から18か月を経過した者に接種する。
    なお、被接種者が保育所、幼稚園等の集団生活に入る場合には、その前に接種を完了することが望ましい。

他のワクチン製剤との接種間隔

  • 生ワクチンの接種を受けた者は、通常、27日以上、また、他の不活化ワクチンの接種を受けた者は、通常、6日以上間隔を置いて本剤を接種すること。
    ただし、医師が必要と認めた場合には、同時に接種することができる(なお、本剤を他のワクチンと混合して接種してはならない)。

慎重投与

(接種の判断を行うに際し、注意を要する者)

  • 被接種者が次のいずれかに該当すると認められる場合は、健康状態及び体質を勘案し、診察及び接種適否の判断を慎重に行い、予防接種の必要性、副反応、有用性について十分な説明を行い、同意を確実に得た上で、注意して接種すること。
  • 心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患、発育障害等の基礎疾患を有する者
  • 予防接種で接種後2日以内に発熱のみられた者及び全身性発疹等のアレルギーを疑う症状を呈したことがある者
  • 過去にけいれんの既往のある者
  • 過去に免疫不全の診断がなされている者及び近親者に先天性免疫不全症の者がいる者
  • 本剤の成分に対してアレルギーを呈するおそれのある者


重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状(0.1%未満注1)

  • ショック、アナフィラキシー様症状(蕁麻疹、呼吸困難、血管浮腫等)があらわれることがあるので、接種後は観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行うこと。

血小板減少性紫斑病(0.1%未満注1)

  • 血小板減少性紫斑病があらわれることがある。通常、接種後数日から3週ごろに紫斑、鼻出血、口腔粘膜出血等があらわれる。本症が疑われる場合には、血液検査等を実施し、適切な処置を行うこと。

脳症(頻度不明注1)

  • 脳症があらわれることがある。接種後、発熱、四肢麻痺、けいれん、意識障害等の症状があらわれる。本症が疑われる場合には、MRI等で診断し、適切な処置を行うこと。

けいれん(0.4%注2)

  • けいれんがあらわれることがある。通常、接種直後から数日ごろまでにけいれん症状があらわれる。本症が疑われる場合には、観察を十分に行い、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • 百日せき、ジフテリア、破傷風及び急性灰白髄炎を予防するためには、あらかじめ各々の感染防御抗原に対する血中抗体が一定(発症防御)レベル以上産生される必要がある。
    百日せきは、罹患小児の回復期血清で抗PT抗体及び抗FHA抗体をELISA法により測定した結果から、両抗体ともに少なくとも10EU(ELISA単位)/mL以上が血中に存在すればよいとする報告もある1)。ジフテリアに対する発症防御は、0.1IU(国際単位)/mLの抗毒素(抗体)が存在すればよいと考えられている2)。破傷風に対する発症防御は、0.01IU/mLの抗毒素(抗体)が存在すればよいと考えられている3)。急性灰白髄炎に対する発症防御には、中和抗体価1:8以上(log2表示で3以上)が必要と考えられている4)


★リンクテーブル★
先読み腎臓」「kidney」「renal
国試過去問105I073」「099D117」「099D118」「103C005」「102B039」「098G038
リンク元腎虚」「五臓」「腎性
拡張検索鰓弓耳腎症候群」「副腎出血

腎臓」

  [★]

kidney
ren
腎機能








  • 図:N.265(水平断,上部) N.320(背面) N.332(水平断)
  • 図:Z.92、M.173(体表解剖)、N.321,322

解剖

大きさ

  • 長さ:11cm
  • 幅:4-5cm
  • 厚み:2-3cm

重量

  • 115-170g(PT.461), 160g(♂)/140g(♀)(KL.395)

血管尿管との関係

  • 腎臓を内側から見るとき、腹側から静脈動脈尿管の順に並んでいる

位置

  • 腹腔の後壁で、脊椎の両側にある(PT.461)
  • 右腎:T11-L2椎体、左腎:T12-L3椎体 (M.173)。T12-L3椎体。右腎は左腎より約1.5cm低位 (KL.395)
  • 両方の腎も幽門平面を貫くが、右腎は腎の上方で貫いている (M.173)
  • 尋問は中面より5cm離れた場所にある (M.173)
    • 腸骨稜の高いところを通る矢状面を貫く。この面は第12肋骨の先端をかすめる (M.173)
  • 腎臓の背側側は上方では横隔膜を挟む。さらにその下層では第11胸神経、肋下神経、腸骨下腹神経、腸骨鼡径神経が下外側に走行している (M.173)

血管

  • 腎動脈前枝
  • 上区動脈
  • 上前区動脈
  • 下前区動脈
  • 前区動脈
  • 下区動脈
  • 腎動脈後枝
  • 後区動脈
それぞれから以下の通りに分岐する

部位名

生理

機能 (SP.776 2007年度後期生理学授業プリント)

  • 1. 代謝により生じた老廃物の濾過・排出
  • 1-1. 酸の排泄
  • リン酸の排泄
  • NH4+の分泌
  • 重炭酸イオンの分泌
尿中酸総排泄量 = 滴定酸(リン酸, 硫酸など) + NH4+ - HCO3-(重炭酸イオンの再吸収)
  • 1-2. 尿素・尿酸・クレアチニンの排泄
  • 1-3. 異物の排泄
肝臓でP450やグルクロン酸抱合された解毒物の排泄
  • 2. 体液恒常性の維持 (腎機能参照)
  • 体液のNa,Kなどの電解質濃度
  • 浸透圧
  • pH
  • 3-1. ビタミンD3
活性型ビタミンDの産生(腎小体で濾過したビタミンDを近位尿細管で再吸収し、活性型に転換して血中に戻す)
pO2↓→近位尿細管近傍の線維芽細胞が分泌~
赤血球を作る増殖因子
輸入細動脈顆粒細胞から分泌される
レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系の最初に位置する
副腎皮質を刺激して鉱質コルチコイド(アルドステロン)を放出させる & 血管の平滑筋を刺激して血圧を上昇させる。
  • 4. 代謝機能
糖新生

ホルモンによる調節

  • バソプレシン[視床下部後葉]により、遠位尿細管で水の再吸収が促進される
  • 鉱質コルチコイド(アルドステロン)[副腎皮質]により、遠位尿細管でのNa( H2O)の再吸収が促進される
  • 重炭酸イオン(HCO3-)の再吸収[近位尿細管、CO2が細胞内に拡散]
  • ナトリウムイオン(Na+)の再吸収[近位尿細管、遠位尿細管]
  • アンモニア(NH3)の排出[細胞外に拡散]
  • 水素イオンH+の排出[近位尿細管、遠位尿細管のNa+-H+交換輸送体]

神経による調節 (SP.784)

  • 交感神経により腎血流が調節されている
  • 弱い刺激:輸出細動脈が収縮→RPF↓、濾過圧↑→GFRほぼ不変
  • 強い刺激:輸入細動脈も収縮→RPF↓、GFR↓

尿の生成 (生理学実習1 実習テキストp.3)

  • 腎を流れる血流量 1L/min = 1440L/day
  • 原尿生成 0.1L/min = 160L/day
  • 尿生成 0.7-1.0ml/min = 1-1.5L/day


-kidney


kidney」

  [★] 腎臓

KUB

WordNet   license wordnet

「either of two bean-shaped excretory organs that filter wastes (especially urea) from the blood and excrete them and water in urine; "urine passes out of the kidney through ureters to the bladder"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「腎臓;(食品としての)羊(豚など)の腎臓 / 《文》気質,性質,たち(nature)」


renal」

  [★]

  • adj.
  • 腎臓の、腎性の、腎の
kidneyrenally

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「腎臓の」

105I073」

  [★]

  • 59歳の男性。鼻出血膿性鼻漏とを主訴に来院した。1か月前から著しい鼻痛が続いている。鼻腔内粘膜の発赤びらんとを認める。血液所見:赤血球 408万、Hb 12.1g/dl、Ht 34%、白血球 8,300、血小板 35万。免疫学所見:CRP 16.8mg/dl、PR3-ANCA陽性。副鼻腔単純CTで鼻腔から上顎洞、筋骨洞、眼窩内に及ぶ腫瘤を認める。鼻内腫瘍の生検で壊死組織、炎症細胞浸潤および多核巨細胞を認める。
  • 確定診断のために精査が必要な臓器はどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 105I072]←[国試_105]→[105I074

099D117」

  [★]

  • 穿刺してよいのはどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099D116]←[国試_099]→[099D118

099D118」

  [★]

  • 敗血症で機能不全をきたしやすいのはどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099D117]←[国試_099]→[099D119

103C005」

  [★]

  • 身体診察の組合せで正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103C004]←[国試_103]→[103C006

102B039」

  [★]

  • 安静時に心拍出量の約5%が灌流する臓器はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102B038]←[国試_102]→[102B040

098G038」

  [★]

  • 髄外造血を最も生じやすいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G037]←[国試_098]→[098G039

腎虚」

  [★]

  • 性欲の減退、骨の退行性変化、歯牙の脱落、毛髪の脱落、夜間頻尿、浮腫、口渇、息切れ、精神活動の低下、視力・張力の低下、不眠、四肢の冷え/ほてり、しびれ、小腹不仁など

治療方剤

  地黄 山茱萸 山薬 沢瀉 茯苓 牡丹皮 桂皮 附子 牛膝 車前子 特異的な症候
八味地黄丸     四肢の冷え
六味丸         四肢のほてり
牛車腎気丸 四肢の冷え、下肢のむくみ

五臓」

  [★]

  • 東洋医学とは異なる概念。五行論に基づく。
 →  ・・・
:精神運動を安定化し、栄養素の代謝と解毒を司る
:意識レベルを保ち、意識的活動を統括し、覚醒・睡眠レベルを調節する
:食物を消化吸収し、水穀の気を生成する
:呼吸により宗気を摂取し、全身の気の流れを統括し、水穀の気の一部から血と水を生成する
:成長、発育、生殖能を司り、骨・歯牙を形成・維持する。

参考

  • 1.
[display]http://allchinainfo.com/health/wuzang


腎性」

  [★]

renalrenally
腎臓

鰓弓耳腎症候群」

  [★]

branchio-oto-renal syndromeBOR syndrome


副腎出血」

  [★]

adrenal hemorrhage





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡