腋窩リンパ節

出典: meddic

axillary lymph nodes (Z), axillary lymph node
nodi lymphatici axillares




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨牀指針 多数の腋窩リンパ節転移を伴った乳腺浸潤性微小乳頭癌の1例
  • 高橋 龍司,竹中 美貴,岩熊 伸高 [他]
  • 臨牀と研究 89(11), 1544-1548, 2012-11
  • NAID 40019495090
  • 乳癌病期分類 : 微小転移検索とその臨床的意義 (第1土曜特集 乳癌治療Update : 最新診療コンセンサス2012) -- (最新診断コンセンサス【診断・治療効果予測】)

関連リンク

乳がんでは、乳房周囲のリンパ節(主として 腋窩 ( えきか ) リンパ節)への転移をしばしば起こします。すでに述べたように、これまでは、乳がんはリンパ節に転移してから、遠方の臓器に転移すると考えられていたため、手術で ...
質的診断のため 腋窩リンパ節に転移があるのかないのかを知るためには、わずか3~5個のリンパ節を切除すれば正確に決定されます(信頼度3)。 量的診断のため 腋窩リンパ節にどの程度転移があるのかを知るためには、10個 ...
腋窩リンパ節を郭清する目的は2つあります。1つは,腋窩リンパ節への転移の有無やその転移個数を調べるという「診断」の目的と,もう1つは再発を防ぐという「治療」の目的です。 腋窩リンパ節への転移の有無(存在診断)は ...

関連画像

頭頸部のリンパ節腋窩リンパ節イメージ 11腋窩(えきか)リンパ節chest乳腺のリンパ節


★リンクテーブル★
国試過去問106I059
リンク元リンパ系」「腋窩リンパ節腫脹
拡張検索胸筋腋窩リンパ節」「腋窩リンパ節腫大」「外側腋窩リンパ節」「深腋窩リンパ節
関連記事リンパ節」「リン」「」「腋窩」「リンパ

106I059」

  [★]

  • 50歳の女性。人間ドックマンモグラフィで異常を指摘されたため来院した。両側の乳房に腫瘤を触知しない。両側の腋窩リンパ節を触知しない。持参したマンモグラフィの病変部(別冊No. 14)を別に示す。
  • 診断として最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106I058]←[国試_106]→[106I060

リンパ系」

  [★]

lymphatic system


概念

  • 間質からのリンパ液を静脈系に還流させるまでの系。
  • 血管系と並ぶ脈管系の一つ。
  • 免疫やリンパの還流させる働を担う。
  • 間質→毛細リンパ管→リンパ管→静脈の方向にリンパを輸送する。この流路にリンパ節があり、ここに貯留するリンパ球や免疫抗体を循環系に送り込む。間質あるいは血症より漏出した蛋白質や巨大分子は毛細血管を通れず、リンパ系がただひとつの輸送路となる。(SP.515)

解剖による分類

下肢

上肢

頭部

  • 頚リンパ節

体幹


腋窩リンパ節腫脹」

  [★]

axillary adenopathy, axillary lymphadenopathy
リンパ節腫脹腋窩リンパ節


胸筋腋窩リンパ節」

  [★]

胸筋リンパ節 pectoral node pectoral lymph node
胸筋間腋窩リンパ節 interpectoral nodes, interpectoral lymph nodes腋窩リンパ節 axillary lymph node axillary node


腋窩リンパ節腫大」

  [★]

axillary adenopathy
腋・アデノパシー


外側腋窩リンパ節」

  [★]

lateral node
外側リンパ節


深腋窩リンパ節」

  [★]

deep lymph nodes of upper limb


リンパ節」

  [★]

lymph node (Z), lymph gland
lymphonodus


  • 扁平楕円
  • 直径3cm
  • 脂肪組織で覆われた先生結合組織でできた被膜に包まれる
  • リンパ管の合流部にできる
  • 構造は大まかに3層:皮質、傍皮質、髄質。
  • リンパの流れ:輸入リンパ管→辺縁洞→中間洞→髄洞→輸出リンパ管

解剖

  • 帽状域 mantle zone:増殖したリンパ球がリンパ小節の発生母治から出て行こうとしている小リンパ球が密集したもの
  • 胚中心 germinal center:抗原刺激に反応したときに形成される。記憶B細胞や形質細胞が分化する部位
リンパ球は暗調域-(中心芽細胞から中心細胞(sIgを発現)へ)→基底明調域→頂部側明調域と移動する
  • 傍皮質:ヘルパーT細胞が活性化すると傍髄質臥拡大し、髄質の深部まで伸びてくる。 ←胸腺依存領域とも呼ばれる

:*T細胞

  • 髄質

臨床関連

  • EBウイルスに感染したB細胞に対する細胞障害性T細胞が傍皮質で観察される
  • AIDS
  • The characteristic lymph node changes in AIDS are progressive transformation of the germinal centers.

参考

  • 胸部のリンパ節 - 日本食道学会
[display]http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0053/1/0053_G0000152_0061.html

</nowiki>




リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





節」

  [★]

ganglionganglianodeknot、(分類学)section、(文章)clausenodalganglionic
結節結節型結節状結節性神経節セクション、切片、結び目ノット薄切部門リンパ節割面ノード結節腫ガングリオン


腋窩」

  [★]

axilla (K)
fossa axillaris

定義 (KL.85)

  • 以下の壁で囲まれる領域
  • 前壁:大胸筋、小胸筋
  • 後壁:広背筋、大円筋、肩甲下筋
  • 内側壁:胸郭(前鋸筋)
  • 外側壁:上腕部の上部
  • 底:腋窩筋膜


リンパ」

  [★]

lymph (Z)
lympha
淋巴
リンパ節





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡