脾臓穿刺

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 血液学領域に於ける臓器穿刺(脾臓穿刺)の価値
  • 諸種環境と脾臓穿刺

関連リンク

(表C-11-2) 腹腔穿刺液の性状と疾患 腹腔穿刺液の性状 主な腹部救急疾患 無臭 上部消化管穿孔,非穿孔性虫垂炎,腸間膜リンパ節炎 膿性 便臭 下部消化管穿孔・外傷性破裂,穿孔性虫垂炎 胆汁様 十二指腸潰瘍穿孔,胆嚢穿孔 ...
脾臓は骨髄とともに血液に関わる臓器でありますが、脾臓がなくても全身への悪影響が少なく脾臓の存在意義はまだよくわかっていません。このサイトでは、脾臓や骨髄の働きについてや、病気についてを解説しています。
胸腔穿刺は胸水を吸引するための胸壁の穿刺である。胸水の病因を判定するため(診断的胸腔穿刺),胸水によって生じる呼吸困難を軽減させるため(治療的胸腔穿刺),およびときに胸膜癒着術を施行するために用いる。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
関連記事脾臓」「穿刺

脾臓」

  [★]

spleen (SP)
  • 図:N.288,289

解剖

体表解剖 (2007年度後期解剖学授業プリント)

臓器と接する面 (KL.383, N.288)

組織

  • 赤脾髄:大部分を占め、赤色に見える
  • 白脾髄を取り巻くように存在し、赤脾髄と白脾髄を隔てている。
  • 辺縁体では、数多くの小さな血管がリンパ小節を取り囲むように存在しており、辺縁洞をなす。中心動脈から放射状に伸びる細い血管が赤脾髄に入り、その後再び戻って辺縁洞に注ぐ。

機能 (SP.499)

  • 1. 赤血球の処理
  • 2. 防衛機能
  • 3. 胎生期における造血作用
  • 4. 赤血球の貯蔵

臨床関連

  • 血小板増加による血栓症
  • 免疫能低下
  • 易感染性
  • 莢膜を持つ菌に感染しやすくなる→脾網内系はIgMを産生する場らしい?
  • 脾摘後重症感染症症候群


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.








穿刺」

  [★]

punctureparacentesisprickstabneedlingpricking
穿開術穿刺術微小穿刺プリッキングパンクチャー





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡