脾胃論

出典: meddic

和文文献

  • 文庫の窓から 脾胃論
  • 中泉 行弘,林 尋子,安部 郁子
  • 臨床眼科 66(10), 1554-1556, 2012-10-00
  • NAID 40019462785
  • 李杲『脾胃論』 : 「脾胃虚實傅變論」の考察 (第33回(社)東洋療法学校協会学術大会 心の治療 東洋医学)
  • 南 綾,南 一成
  • 東洋療法学校協会学会誌 (35), 141-146, 2011-10-06
  • NAID 40019227695

関連リンク

内外傷弁惑論』『脾胃論』『蘭室秘蔵』解題. 真柳 誠. 一、 李東垣の事跡. 『脾胃論』の著 や、補中益気湯の創方で名高い李東垣は、金元四大家の一人にかぞえられている。 その伝は『元史』巻二〇三の列伝中に収められるが、治験例が主で伝自体は簡略で ある。
金元時代の名医である李東垣(杲)(1180年-1251年)により『脾胃論』(1249年) において記された処方である。当時の中国は戦乱が続き民衆は飢えと疲労で心身ともに 疲弊しきっていた。熱性疾患で多くの人が死亡した。その疾患を治療する目的で李東垣 の師 ...

関連画像

新着商品 - [詳細]第十冊:『新刊東垣十書脈訣  脾胃論』(李東垣)と言うのが이 3 가지 혈은 현대 에도 많이



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡