脾柱

出典: meddic

splenic trabecula (Z), splenic trabeculae
trabeculae splenicae
脾臓



和文文献

  • ラット脾臓の微細血管系における陰性荷電に電顕組織化学的研究
  • 植田 弘美,竹花 一成,額爾敦朝魯,岩佐 憲二,藤森 修,島田 昌一
  • The journal of veterinary medical science 63(3), 287-291, 2001-03-25
  • … 管として脾柱動脈, 中心動脈, 動脈性毛細血管, 静脈系血管として脾洞, 脾髄静脈, 脾柱静脈, さらには脾索の細網細胞についても検索した.脾柱動脈, 中心動脈, 動脈性毛細血管の動脈系血管や脾臓静脈および脾柱静脈において, 内皮細胞の形質膜糖衣に明瞭なPEI陽性反応が観察された.特に脾柱動脈, 中心動脈, 脾柱静脈では …
  • NAID 110003920597
  • ヘリカルCTによる脾臓の造影様式の検討組織像との対比
  • 島田 栄治
  • 東邦醫學會雜誌 = Journal of the Medical Society of Toho University 45(1), 147-154, 1998-01-01
  • NAID 10012221644

関連リンク

脾臓の表面は白く厚い被膜で覆われている。一部は動脈を伴い脾臓の内部へと 入り込んでいる。この構造を脾柱という。脾柱は脾臓の内部で複雑に絡み合い網目状と なる。網目は柱網と呼ばれ脾臓の形態構築にかかわっている。網目の内部は白い斑状 の組織 ...
被膜・脾柱 被膜は密性結合組織(膠原線維+線維芽細胞+平滑筋) 外側・・・漿膜(腹膜 ) 内側・・・内皮. 脾柱:被膜から連続した密性結合組織。弾性線維が多い。中に太い 動脈・静脈(脾柱動脈、脾柱静脈)が見られる。板状またはシリンダー状に実質に侵入。

関連画像

被膜 脾柱 capsule trabeculae 脾髄 脾柱Trabecule 強拡大像up 脾柱 脾臓 の 支柱 up 白 脾髄 4b 脾臓(ヒト) Azan染色 脾柱  脾柱(T)で、脾門から出入りする なり これ を 被膜 が 囲み 脾柱


★リンクテーブル★
先読み脾臓
拡張検索脾柱動脈
関連記事

脾臓」

  [★]

spleen (SP)
  • 図:N.288,289

解剖

体表解剖 (2007年度後期解剖学授業プリント)

臓器と接する面 (KL.383, N.288)

組織

  • 赤脾髄:大部分を占め、赤色に見える
  • 白脾髄を取り巻くように存在し、赤脾髄と白脾髄を隔てている。
  • 辺縁体では、数多くの小さな血管がリンパ小節を取り囲むように存在しており、辺縁洞をなす。中心動脈から放射状に伸びる細い血管が赤脾髄に入り、その後再び戻って辺縁洞に注ぐ。

機能 (SP.499)

  • 1. 赤血球の処理
  • 2. 防衛機能
  • 3. 胎生期における造血作用
  • 4. 赤血球の貯蔵

臨床関連

  • 血小板増加による血栓症
  • 免疫能低下
  • 易感染性
  • 莢膜を持つ菌に感染しやすくなる→脾網内系はIgMを産生する場らしい?
  • 脾摘後重症感染症症候群


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.








脾柱動脈」

  [★]

trabecular artery
莢動脈


柱」

  [★]

trabeculatrabeculae
柵状織トラベキュラ線維柱帯骨梁




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1ミタゾラム 効果 16
2pud 16
3Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 10
6多毛日本 9
7ハントコスニック 8
81,320,568,24 HTTP/1.1 8
9日常生活自立度 7
10prolapse of uterus 7
11血友病C 7
12user/register 6
13ルリッシュ症候群 5
14Salivary glands 5
15脳卒中リハ 阻害因子 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17サイズの原理 筋電図 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ルリッシュ症候群 5
3vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4
4ノンスロン 作用 3
5上腕骨 肘頭窩 2
61〜2才 推定エネルギー必要 2
7気管支原生嚢胞 疼痛 2
8Trigeminal nerve 2
9気管支廉縮 2
10SVPC 2
11山崎邦正のペロニー病をなおした病院 2
12ヘーリング反対色説 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 1
14dungeon 1
15ピトレシン 投与量 1
16ギプスシーネ 1
17重炭酸ナトリウム 経口投与 1
18下額呼吸 1
19ジメチルイソプロピルアズレン 1
20ケタミン 1