脳茸

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

不思議な形をしたキノコを眺めながら,三年前に見つけたノウタケ(脳茸)を思い出した。人間の脳に似たシワがあることからノウタケ(脳茸)と呼ばれるそのキノコは,若い時にはシワも無く,食用になるとキノコ図鑑で読んだ記憶 ...
大辞林 第三版 - 脳茸の用語解説 - 担子菌類腹菌目のきのこ。ホコリタケに近縁であるが高さ5~10センチメートルになる。倒卵形または洋梨形で,熟すと頭部に皺(しわ)を生じ,動物の脳を連想させる。完熟すると裂け,表皮 ...

関連画像

ノウタケ(脳茸)白鬼茸(しろおにたけ)、脳茸 ノウタケ(脳茸)ノウタケ(脳茸)



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡