脳幹梗塞

出典: meddic

brainstem infarctionbrain stem infarction
ウェーバー症候群脳幹卒中



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 両側性の水平性注視麻痺と両側顔面神経麻痺を示した脳幹梗塞の1例
  • 長嶺 和弘,矢澤 省吾,中尾 紘一 [他]
  • 臨床神経学 51(2), 125-129, 2011-02
  • NAID 40018714155
  • 椎骨動脈の窓形成が原因と考えられた若年脳幹梗塞の1例
  • 山本 良央,小山 主夫,黒川 隆史,黒岩 義之
  • 脳卒中 32(2), 174-178, 2010-03-25
  • NAID 10026430541

関連リンク

脳梗塞(のうこうそく、cerebral infarction/stroke、別名:脳軟化症(のうなんかしょう))と は、脳を栄養する動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、 または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になる事をいう。また、それ による ...
脳幹が機能しなくなると、大脳の活動が妨げられるので意識は保てなくなりますし、自律 神経や呼吸、心臓まで機能しなくなってしまうので、脳幹におけるトラブルは非常に重大 な問題です。 脳の病気ですと、脳梗塞や脳出血がありますが、その中でも脳幹でおこる ...

関連画像

脳幹梗塞 :T2強調矢状断画像 脳幹梗塞☆思いたったが大吉日☆-脳症例3:脳幹梗塞脳幹梗塞脳幹梗塞の原因


★リンクテーブル★
国試過去問108G051
リンク元ウェーバー症候群」「brainstem infarction」「brain stem infarction」「脳幹卒中
関連記事脳幹」「梗塞

108G051」

  [★]

  • 55歳の男性。脳幹梗塞のため入院中である。 2週前にふらつきが出現し、脳幹梗塞の診断で入院し、加療の後リハビリテーションを行っている。明らかな筋力低下はないが立位保持障害があり、足を大きく横に開いて何かにつかまらないと立っていられない。
  • 移動に際しての補装具として適切なのはどれか。
  • a 体幹コルセット
  • b 短下肢装具
  • c 長下肢装具
  • d T字杖
  • e 歩行器


[正答]


※国試ナビ4※ 108G050]←[国試_108]→[108G052

ウェーバー症候群」

  [★]

Weber's syndrome, Weber syndrome
(国試)Weber症候群上交代性片麻痺 superior alternating hemiplegia hemiplegia alternans superior、大脳脚症候群
脳幹梗塞Weber症候群脳幹卒中上交代性片麻痺ウェーバー麻痺



brainstem infarction」

  [★]

脳幹梗塞

brain stem infarctionbrainstem strokeWeber syndrome


brain stem infarction」

  [★]

脳幹梗塞

brainstem infarctionbrainstem strokeWeber syndrome


脳幹卒中」

  [★]

brainstem stroke
脳幹梗塞ウェーバー症候群


脳幹」

  [★]

brain stem
truncus cerebri, truncus encephali


概念

中枢

循環中枢

以下3つの中枢が存在し、相互に干渉し合う。

昇圧中枢(交感神経興奮性中枢)

降圧中枢(交感神経抑制性中枢)

心臓抑制中枢(心臓迷走神経中枢)

呼吸中枢

嘔吐中枢

嚥下中枢

排尿中枢

梗塞」

  [★]

infarct, infarction
infarctus
虚血性壊死
心筋梗塞 myocardial infarction





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡