脳下垂体ホルモン剤

出典: meddic

商品

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 小児特発性尿崩症に対する各種脳下垂体ホルモン剤の効果の比較検討
  • 蓮井 正亮 [他],金田 修,浅井 恭一
  • 金沢大学十全医学会雑誌 64(1), 157-163, 1960-01-20
  • NAID 110006993297

関連リンク

世界大百科事典 第2版 - 脳下垂体ホルモン剤の用語解説 - 下垂体性小人症(小人(こびと))もその一例である。【藤田 尚男】【板橋 明】[脳下垂体ホルモン剤] ホルモン剤としては,性腺刺激ホルモンのうち黄体形成ホルモンは妊婦尿 ...
処方薬の薬検索結果です。病院で処方される薬の薬効や効能、服用上の注意などを調べることができます。 ... 商品名 主成分 製薬会社 効能 ノルディトロピンS注10mg[成長ホルモン分泌不全性低身長症ほか] ソマトロピン ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みHCG」「HMG
リンク元医療用医薬品」「デスモプレシン」「ホリトロピンアルファ
関連記事ホルモン」「下垂体」「」「」「ホルモン剤

HCG」

  [★]

HCGヒト絨毛性ゴナドトロピンhuman chorionic gonadotropin


HMG」

  [★] 下垂体性性腺刺激ホルモン

医療用医薬品」

  [★]

ethical drug
一般用医薬品
  • 中枢神経系用薬
  • 末梢神経用薬
  • 感覚器用薬
  • その他の神経系及び感覚器官用医薬品
  • 循環器官用薬
  • 呼吸器官用薬
  • 消化器官用薬
  • 泌尿生殖器官及び肛門用薬
  • 外皮用薬
  • 歯科口腔用薬
  • ビタミン剤
  • 血液・体液用薬
  • 人工透析用薬
  • その他の代謝性医薬品
  • 細胞賦活用薬
  • 腫瘍用薬
  • アレルギー用薬
  • その他の組織細胞機能用医薬品
  • その他の組織細胞機能用医薬品
  • 抗生物質製剤
  • 寄生動物用薬
  • その他の病原生物に対する医薬品
  • その他の病原生物に対する医薬品
  • 調剤用薬
  • 公衆衛生用薬
  • その他の治療を主目的としない医薬品
  • アルカロイド系麻薬(天然麻薬)
  • 非アルカロイド系麻薬


デスモプレシン」

  [★]

desmopressin
1-desamino-8-D-arginine vasopressin, DDAVP, 1-deamino-8-D-arginine vasopressinデアミノアルギニンバソプレッシン デアミノアルギニンバソプレシン deamino arginine vasopressin
酢酸デスモプレシン desmopressin acetate
Stimateデスモプレシン点鼻薬デスモプレシン注ミニリンメルト
バソプレシン脳下垂体ホルモン剤
  • アルギニンバソプレシン誘導体;尿崩症治療薬
  • 副作用の発現がバソプレシンより少ないが、水中毒にはやはり注意する必要がある。(QB.D-257)


I. NATURALLY OCCURRING VASOPRESSIN-LIKE PEPTIDES?
??A. Vertebrates? A? W? X? Y? Z?
????1. Mammals
??????? Arginine? vasopressin* (AVP) (human beings and other mammals) NH2 Tyr Phe Gln Arg
???????Lypressin* (pigs, marsupials) NH2 Tyr Phe Gln Lys
???????Phenypressin (macropodids) NH2 Phe Phe Gln Arg
????2. Nonmammalian vertebrates
Vasotocin NH2 Tyr Ile Gln Arg
??B. Invertebrates?
????1. Arginine conopressin (Conus striatus)? NH2 Ile Ile Arg Arg
????2. Lysine conopressin (Conus geographicus)? NH2 Phe Ile Arg Lys
????3. Locust subesophageal ganglia peptide NH2 Leu Ile Thr Arg
II. SYNTHETIC VASOPRESSIN PEPTIDES?
??A. V1-selective agonists?
????1. V1a-Selective Agonist [Phe2, Ile3, Orn8]AVP NH2 Phe Ile Gln Orn
????2. V1b-Selective Agonist Deamino [D-3-(3'-pyridyl)-Ala2]AVP H D-3-(3'-pyridyl)-Ala2 Phe Gln Arg
??B. V2-selective agonists?
????1. Desmopressin* (DDAVP) H Tyr Phe Gln D-Arg?
????2. Deamino[Val4, D-Arg8]AVP H Tyr Phe Val D-Arg?
III. NONPEPTIDE AGONIST?
A. OPC-51803?



ホリトロピンアルファ」

  [★]

follitropin alfa
ゴナールエフ
フォリトロピンアルファ
脳下垂体ホルモン剤



ホルモン」

  [★]

hormone

古典的な定義

  • 特定の内分泌腺から分泌され、血行によって運ばれ、遠隔部の特定の標的器官に作用して特異的効果を現す物質(PT.403)

例外

  • 腺構造を持たない組織から分泌されるホルモンがある
消化管ホルモン (PT.403)
視床下部ホルモン (PT.403)
甲状腺濾胞ホルモン?
カルシトニン?

ホルモンの一覧表

日本語 放出器官/細胞 作用器官/細胞 働き
メラトニン 松果体    
成長ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 GH放出
プロラクチン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 PRL放出
副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 ATCH放出
ゴナドトロピン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 FSH/LH放出
甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 TSH放出
ソマトスタチン 視床下部 下垂体前葉 GH放出抑制
ドーパミン 視床下部 下垂体前葉 PRL放出抑制
成長ホルモン 下垂体前葉 全身/肝細胞 タンパク質同化, 抗インスリン, 脂肪異化/IGF-I合成促進
プロラクチン 下垂体前葉 乳腺 乳汁分泌促進
副腎皮質刺激ホルモン 下垂体前葉 副腎皮質  
卵胞刺激ホルモン 下垂体前葉 卵胞  
黄体形成ホルモン 下垂体前葉 黄体  
間細胞刺激ホルモン 下垂体前葉 精巣の間細胞  
甲状腺刺激ホルモン 下垂体前葉 甲状腺  
オキシトシン 下垂体後葉 子宮平滑筋/乳腺 子宮収縮/射乳促進
バソプレシン 下垂体後葉 腎臓集合管 水の再吸
甲状腺ホルモン - トリヨードサイロニン 甲状腺   代謝亢進
甲状腺ホルモン - サイロキシン 甲状腺   代謝亢進
カルシトニン 甲状腺   Ca2+濃度低下
副甲状腺ホルモン 甲状腺 /腎臓 破骨細胞活性化/腎細尿管Ca2+取り込み↑/腎ビタミンD活性化/血清Ca2+↑
心房性ナトリウム利尿ペプチド 心臓   Na利尿
脳ナトリウム利尿ペプチド 心臓   Na利尿
Cタイプナトリウム利尿ペプチド     Na利尿
エンドセリン 血管   血管収縮
アンジオテンシンII 血管   血管収縮
ガストリン 酸分泌
セレクチン 十二指腸    
インスリン様成長因子 肝臓    
アンジオテンシノジェン 肝臓   昇圧
コルチゾール 副腎皮質    
アルドステロン 副腎皮質    
デヒドロイソアンドロステロン 副腎皮質    
アドレナリン 副腎髄質   軽微な昇圧、血糖上昇
ノルアドレナリン 副腎髄質   昇圧(寄与は20%程度)、血糖上昇
インスリン 膵臓 - β細胞 全身 グルコース取り込み亢進
グルカゴン 膵臓 - α細胞 全身 糖新生
ソマトスタチン 膵臓 - δ細胞   ホルモン分泌抑制(インスリングルカゴンガストリン)
レニン 腎臓 - 傍糸球体細胞   昇圧(angiotensin Iを産生, 血管内皮アンジオテンシン転換酵素によりangiotensin IIに転換)
エリスロポエチン 腎臓 造血器官 赤血球産生刺激
エストロゲン 卵巣    
プロゲステロン 卵巣    
インヒビン 卵巣    
テストステロン 精巣    
インヒビン 精巣    
レプチン 脂肪    
アディポネクチン 脂肪    



下垂体」

  [★]

pituitary gland (Z), hypophysis (Z)
glandula pituitaria
脳下垂体
  • 図譜では矢状断のものしか載っていないが、前頭断で見ると意外に横に長い、みたい。

発生学(L.413)

  • 胎生第4週に下垂体前葉と下垂体後葉が接する。Rathke嚢の細胞は、活発に分裂して前葉を形成し、内腔は殆ど閉鎖する。成人ではコロイドを満たした小嚢胞として前葉と後葉の間に認められる。


画像

  • MRI T1:(高信号)下垂体後葉 > 下垂体前葉   ←  脂肪濃度を反映しているのですかね?軸索が多いでしょ?




剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー


ホルモン剤」

  [★]

hormone preparation
ホルモン製剤





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡