脱分極性遮断薬

出典: meddic

depolarizing blocking drugs
非脱分極性遮断薬神経筋接合部遮断薬
効きが早く、持続時間が長い
  • 1-2分程度の筋攣縮がおき、Na+チャネルが不活化される (第I相遮断)

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 2級アミン Mecamylamine および3級アミン Pempidine のネコ脊髄反射に対する作用
  • 山田 重男,蜂須 貢,大幡 久之,上村 哲也,丸山 郁夫
  • 日本薬理学雑誌 77(5), 469-476, 1981
  • … の競合的遮断薬として知られている薬物である.これら両薬物のネコ脊髄反射 monosynaptic reflex(MSR),polysynaptic reflex(PSR),dorsal root reflex(DRR)に対する作用を4級アンモニウム化合物である tetraethylammonium(TEA),脱分極性遮断薬である decamethonium(C10)および3級アミンである nicotine の作用と比較検討した.mecamylamine(5.0mg/kg i.v.)および pempidine(1.0mg/kg i.v.)は PSR,MSR および DRR に対し,いずれも持続性の抑制を示した.その抑制は40分後 …
  • NAID 130000759382

関連リンク

それを利用した薬が脱分極性遮断薬で。 簡単にいうと、 興奮が起こるには山を登る必要があるんだけど、その山はある程度高くないといけなくて、 中途半端な高さの丘がだらだら続いていてもだめというか。 失恋後の ...
競合的筋弛緩薬は、ニコチン性ACh受容体に対して、AChと競合することにより、筋収縮を抑制する。 テタニック刺激やcholinesterase阻害薬で弛緩作用が拮抗される。 脱分極性筋弛緩薬は、ニコチン性Ach受容体に結合し脱分極 ...

関連画像

副交感神経に作用する薬 脱 分 極性 神経 筋 遮断 体性神経系に作用する薬物


★リンクテーブル★
リンク元非脱分極性筋弛緩薬」「神経筋接合部遮断薬」「線維性攣縮
拡張検索非脱分極性遮断薬
関連記事」「遮断」「脱分極」「遮断薬

非脱分極性筋弛緩薬」

  [★]

nondepolarizing muscle relaxant non-depolarizing muscle relaxant
競合的神経筋遮断薬 competitive neuromuscular blocker競合的筋弛緩薬 competitive muscle relaxant非脱分極性神経筋遮断薬 non-depolarizing neuromuscular blocker非脱分極性遮断薬 nondepolarizing blocking drugsクラーレ様作用薬 curarimimeticクラーレ様物質
脱分極性筋弛緩薬筋弛緩薬、Train of four monitor、脱分極性遮断薬神経筋接合部遮断薬
[show details]


  • ニコチン性アセチルコリン受容体にアセチルコリンと競合的に結合することで、アセチルコリンの受容体結合を阻害
  • 脱分極させることなく、アセチルコリンと競合してアセチルコリン結合部位への結合を妨げる。
  • 重症筋無力症の場合、(競合してAch受容体を奪うため)少量の非脱分極性筋弛緩薬でも筋弛緩が出現 (SPC.169)

拮抗薬


神経筋接合部遮断薬」

  [★]

neuromuscular junction blocker
脱分極性筋弛緩薬筋弛緩薬
アセチルコリンと競合的にアセチルコリン受容体に結合することで阻害する。
  • 脱分極性遮断薬
受容体と結合して脱分極してこれが持続、さらに筋弛緩剤を作用させることで再分極後も筋弛緩が継続


線維性攣縮」

  [★]

fasciculation
線維性れん縮
脱分極性遮断薬
fasciculation


非脱分極性遮断薬」

  [★] 非脱分極性筋弛緩薬


薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品



遮断」

  [★]

blockblockadeturn offblock
阻害阻止封鎖ブロックオフにする


脱分極」

  [★]

depolarization
再分極閾膜電位過分極






遮断薬」

  [★]

blocker, blockers
アンタゴニスト




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3