脱リン酸

出典: meddic

dephosphorylationdephosphorylate
脱リン酸化
-dephosphorylation
See also Phosphorylation


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 玄米粉の塩化ナトリウム洗浄が、フィチン酸の抗酸化作用に与える影響 : 論考(研究ノート)
  • 渡辺 陽菜,井上 節子
  • 湘南フォーラム 18, 111-118, 2014-02
  • … そこで、玄米のミネラル阻害を抑制するために、フィチン酸に含まれるリン酸基の一部を脱リン酸し、摂取する方法の検討を行った。 …
  • NAID 120005442132
  • ストレス依存的に引き起こされるマウスSNAP-25の脱リン酸化機構の検討
  • 飯田 諭宜,山森 早織,板倉 誠 [他]
  • 北里医学 = Kitasato medicine 43(1), 31-36, 2013-06
  • NAID 40019756636
  • 『脂質シグナル研究のためのHPLC分析技術』 イノシトールリン脂質/イノシトールポリリン酸の分離と定量
  • 藤井 誠,喜多 紗斗美,平田 雅人 [他],岩本 隆宏
  • 日本薬理学雑誌 142(5), 236-240, 2013
  • … ホスファチジルイノシトールリン脂質(phosphoinositides:PIs)およびイノシトールポリリン酸(inositol polyphosphates:IPs)は,細胞外刺激に応答して可逆的なリン酸化・脱リン酸化を受け,異なる分子種へと変換される.現在までにPIs/IPs合わせて30種以上が真核生物に存在することが知られており,それぞれに機能ドメインを持つタンパク質と特異的に結合することにより,タンパク質の構造変化や細胞内の特定の部位への …
  • NAID 130003382528

関連リンク

Polynucleotide Kinaseにより核酸の5’末端を 32 Pで標識する際に、核酸の5’末端のリン酸をAlkaline Phosphataseであらかじめ除去しておくと、高い標識効率が得られる。また、異種DNAのクローニングの際にも、ベクター側の5’末端リン酸を ...
... 学的な脱リン技術が開発されています。活性汚泥中の細菌の働きを利用して、排水中からリン酸を除去するしくみについて解説します。 栗田工業株式会社 KCRセンター 小川 晋平 湖沼や沿岸海域の富栄養化を防止するため、環境省は ...

関連画像

 脱 リン酸 化され グルコースリン酸の構造_酸構造の特徴 のスフィンゴシン1-リン酸ライゲーション、脱リン酸化  の不活性化と脱リン酸化の解析 リン酸-5-キナーゼによる長期


★リンクテーブル★
先読みdephosphorylate
リンク元dephosphorylation」「脱リン酸化
拡張検索タンパク質チロシン脱リン酸化酵素」「ホスホチロシン脱リン酸化酵素」「Cdc25脱リン酸化酵素」「グルコース-6-脱リン酸酵素欠乏症
関連記事リン」「」「リン酸」「

dephosphorylate」

  [★]

  • 脱リン酸する、脱リン酸化する
dephosphorylation

dephosphorylation」

  [★]

dephosphorylate
See also Phosphorylation


脱リン酸化」

  [★]

dephosphorylationdephosphorylate
脱リン酸

タンパク質チロシン脱リン酸化酵素」

  [★]

protein tyrosine phosphatase
チロシンホスファターゼチロシン脱リン酸酵素チロシン脱リン酸化酵素リン酸化チロシン脱リン酸化酵素タンパク質チロシンホスファターゼ


ホスホチロシン脱リン酸化酵素」

  [★]

phosphotyrosine phosphatase
リン酸化チロシン脱リン酸化酵素ホスホチロシンホスファターゼリン酸化チロシンホスファターゼ


Cdc25脱リン酸化酵素」

  [★]

Cdc25 phosphatase
Cdc25ホスファターゼ


グルコース-6-脱リン酸酵素欠乏症」

  [★] グルコース-6-脱リン酸酵素欠損症


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

リン酸」

  [★]

phosphoric acid
PO4

 

  • pKa1=2.12
  • pKa2=7.21
  • pKa3=12.67



脱」

  [★]

(comb form.)des, prolapse
ヘルニア




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡