脱アミノ誘導体

出典: meddic

deamino derivative
脱アミノ反応アミノ基


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

4 アミンの命 4 もう一つのアミンの体系的な命法では,アミノ (-amino)という官能基を, 主鎖となるアルカンの置換基として取り扱う。 慣用として アルキルアミンが用いられる場合もある。 カルボン酸誘導体の命法上の順位
ヒトペルオキシゾーム増殖薬活性化受容体(PPAR)の優れたアゴニストである環状アミノ安息香酸誘導体の、効率的かつ工業生産に適した製造方法を提供する。 2-ニトロ安息香酸誘導体(1)とピペリジン誘導体(2)を反応させ ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みアミノ基
関連記事誘導」「誘導体」「」「脱アミノ」「

アミノ基」

  [★]

amino group
アミノ


誘導」

  [★]

inductionguidancederivationinduceinductive
ガイダンス指導導入引き起こす誘起誘導性誘導的誘発帰納的帰納法溶原菌


誘導体」

  [★]

derivativeanalogderivate
アナログ系薬物派生的類縁体類似体類似物派生物類似化合物


体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー


脱アミノ」

  [★]

deaminationdeaminate
脱アミノ化


脱」

  [★]

(comb form.)des, prolapse
ヘルニア




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡