脊髄麻痺

出典: meddic

spinal cord paralysis, myeloparalysis, spinal paralysis
圧迫性脊髄麻痺



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 転移性脊椎腫瘍による脊髄麻痺に時間制限は必要か?
  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 59(1), 185-186, 2016
  • NAID 130005149674
  • HTLV-1キャリア外来の実態調査
  • 原発不明, 脊椎転移による脊髄麻痺に対する治療戦略:―腫瘍外科医 vs. 脊椎外科医―
  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 58(2), 391-392, 2015
  • NAID 130005078351

関連リンク

脊椎腫瘍 原発性のものと転移性のものがある。原発性のものには良性と悪性のものがあり脊髄麻痺の原因となる。高齢者では多発性骨髄腫が重要。転移性のものの場合、乳癌、前立腺癌、腎癌によるものが多い。
脊髄損傷とは 脊髄損傷患者の動向 脊髄損傷の治療と社会復帰 脊髄損傷の予防 推進している研究課題・開発組織 -「MRI計測による日本人の頚椎部脊柱管および頚髄の標準値の設定」 研究開発組織 研究の目的及び意義

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索遅発性脊髄麻痺」「急性上行性脊髄麻痺」「痙性脊髄麻痺
関連記事脊髄」「麻痺

遅発性脊髄麻痺」

  [★]

delayed palsy
遅発麻痺遅発脊髄症 delayed myelopathy


急性上行性脊髄麻痺」

  [★]

myasthenic bulbar paralysis
ランドリー麻痺


痙性脊髄麻痺」

  [★] 熱帯性痙性不全対麻痺症 TSP

脊髄」

  [★]

spinal cord (M)
medulla spinalis









  • 成人の脊髄は大後頭孔からL1-L2の椎骨まで達する (M.279)

解剖



麻痺」

  [★]

paralysis, palsy
(comb form)plegia不全麻痺 paresis






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡