脊髄脂肪腫

出典: meddic


spinal lipoma

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 鎖肛・肛門膣前庭瘻にMayer-Rokitansky-Kuster-Hauser症候群を合併した1例
  • 高澤 慎也,五藤 周,内田 広夫 [他],川嶋 寛,田中 裕次郎,佐藤 かおり,吉田 真理子,神保 教広
  • 日本小児外科学会雑誌 48(1), 68-71, 2012-02-20
  • … が,初回手術時に膣欠損が明らかになった1例を経験したので報告する.症例は在胎39週3日,体重2,602gで出生した女児.外見と超音波検査所見から肛門膣前庭瘻と診断した.合併奇形として複雑心奇形,唇顎口蓋裂,脊髄脂肪腫を認めた.1歳3か月にanterior sagittal anorectoplasty (ASARP)予定で手術を開始したが,術中に膣がみられず,S状結腸人工肛門造設術を行った.術後の精査で膣と子宮の欠損が判明した.その後ASARP,人工肛門閉鎖術を施行 …
  • NAID 110009438973
  • 無症候性脊髄脂肪腫に対する治療(Editorial Comment)
  • 小児腰仙部脊髄脂肪腫 : 形態的特徴と自然経過,治療成績の検討
  • 吉藤 和久,越智 さと子,村上 友宏,金子 高久,小柳 泉
  • 脳神経外科ジャーナル 20(3), 208-215, 2011-03-20
  • … 手術治療を行った連続34例の腰仙部脊髄脂肪腫(円錐部脂肪腫20例,終糸脂肪腫14例)について,脂肪腫の形態的特徴と臨床経過について検討した.脂肪腫の形態的所見のうち,「脊髄の脊椎管外突出」,「脂肪腫が脊髄と広く移行」,「神経根とその硬膜貫通部の異常」のいずれかが認められる場合,症候性となる可能性は高く,手術においては神経学的合併症,係留解除困難,術後のクモ膜下腔狭小の残存に有意に影響した.術前MRIで …
  • NAID 110008460951

関連リンク

下肢運動障害:脊髄の損傷部位に応じて様々な運動障害や変形が認められます。軽い場合は足の指の動きが悪い、足関節の動きが悪いという程度ですが下肢が全く動かせないこともあります。ただし出生直後には運動機能の判定が困難 ...
sponsored links 脊髄脂肪腫とは 脊髄脂肪腫とは脊髄(神経)の病気である二分脊椎の代表的な症状のひとつです。 脂肪腫とは脂肪組織が皮膚下や筋肉の間にたまることによって生じる脂肪の塊のことで、脂肪腫ができると皮膚が ...

関連画像

かいじゅうたちのいるところ脊髄脂肪腫32歳、女性 潜在性二分脊椎(脊髄脂肪腫③脊髄脂肪腫摘出術,脊髄係留  脊髄 係留 症候群 脊髄 脂肪腫


★リンクテーブル★
関連記事脊髄」「脂肪」「」「脂肪腫

脊髄」

  [★]

spinal cord (M)
medulla spinalis









  • 成人の脊髄は大後頭孔からL1-L2の椎骨まで達する (M.279)

解剖



脂肪」

  [★]

fat
トリアシルグリセロール脂肪酸



腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


脂肪腫」

  [★]

lipoma
adipose tumor



-lipoma





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡