脊髄癆性疼痛発作

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

脊髄損傷性疼痛 ○脊髄空洞症 ○脊髄癆 ○脊髄損傷後藤痛 ○頸椎症性脊髄症 ○ 延髄空洞症 ○延髄外側症候群 ○多発性 ..... 神経病理学者)が視床の傷害後の患者に 軽度の麻痺、知覚傷害、片側性の運動失調、耐え難い神経性あるいは発作性の疼痛が ...
脊髄後根および後索に変性を生じるため,深部感覚の鈍麻と,これに基づく脊髄癆性 運動失調を生ずる。 ... 下肢,とくに足首,ひざなどに瞬間的な激しい電撃様疼痛や,上 腹部に発作性の激痛(胃発症)などがみられる反面,腱や神経幹,睾丸などを強く圧迫 した ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事疼痛」「脊髄」「脊髄癆」「発作

疼痛」

  [★]

pain, dolor
痛み
痛覚 pain sensation

疼痛

疼痛の伝達

  • Aδ線維
  • C線維

疼痛の調節

  • ゲートコントロール:Aδ線維とC線維による痛みはAβ線維による入力で中枢伝達細胞のレベルで抑制される。
  • 下行性疼痛抑制系神経系:下行性疼痛抑制系神経系による入力で中枢伝達細胞のレベルで抑制される。
  • 下行性疼痛抑制系神経系は中脳水道周辺灰白質からの脊髄への入力からなる。具体的には大縫線核(セロトニン作動性)、巨大細胞網様核・傍巨大細胞網様核(ノルアドレナリン作動性)がの2系統が起点となる。抗うつ薬はこれらの神経伝達物質の再吸収を妨げ鎮痛作用を発揮する。




脊髄」

  [★]

spinal cord (M)
medulla spinalis









  • 成人の脊髄は大後頭孔からL1-L2の椎骨まで達する (M.279)

解剖



脊髄癆」

  [★]

tabes dorsalis
梅毒
  • 図:BET.335
  • first aid step1 2006 p.145,163,353
  • 4期梅毒 ← "3rd syphilis"に分類されているけど。


発作」

  [★]

attack, paroxysm, ictus, insult, fit, stroke





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡