脊髄振盪

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 吉村・吉尾・後藤氏の「脊髄振盪症の経験症例」に対して
  • 脊髄振盪症の経験症例
  • 吉村 正一 [他]
  • 日本医師会雑誌 34(8), ????, 1955-10-15
  • NAID 40018210177

関連リンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 脊髄振盪の用語解説 - 脳振盪と類似の障害で,脊髄に外力が加わった直後,一過性の神経症状が現れた場合にいう。脊髄が構造上の変化を生じない程度に圧迫されて,一過性に脊髄の乏血 ...
脊髄損傷は脊髄振盪spinal concussion,脊髄圧迫spinal compressionおよび脊髄挫傷spinal contusionに分類される。高所よりの墜落や交通事故などで発生する。脊椎損傷に合併する脊髄損傷が多いが,無骨傷の脊髄損傷もまれではなく ...
【ベストアンサー】脊髄の外傷で、事故当時一過性の麻痺を示すも、短時間で回復するものを脊髄振盪症と呼んでいます。 したがって、脊髄振盪症の傷病名で後遺障害を残すことはありません ...

関連画像

画像:Mail Online用(扁桃核,海馬などの 静穏 作用 馴化 作用 動物 に 図:ベンゾジアゼピン類による


★リンクテーブル★
関連記事脊髄」「振盪

脊髄」

  [★]

spinal cord (M)
medulla spinalis









  • 成人の脊髄は大後頭孔からL1-L2の椎骨まで達する (M.279)

解剖



振盪」

  [★]

shakingconcussionshake
振動脳振盪振盪症震える震盪症震盪揺れ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡