脊髄性自動運動

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

Spinal Automatism 脊髄自動反射 刺激に反応して反射性に下肢が三重屈曲する現象であり、Vulpian, Charcotにより発見された。 Marie, Foix, Babinskiにより詳細に臨床的研究がされている。両下肢の運動麻痺によって発現する ...
戻る | 情報利用の際の注意とお願い | コメントする | 整形、形成の看護 疾患別に見た援助の基本 脊髄損傷の看護 脊髄完全損傷 脊髄組織が完全に挫めつされ、知覚、運動完全麻痺の状態である。 *横断性完全麻痺 ...

関連画像

痙性麻痺に対する効果的な徒手 図3 弾性スリーブ


★リンクテーブル★
関連記事脊髄」「自動」「自動運動」「脊髄性

脊髄」

  [★]

spinal cord (M)
medulla spinalis









  • 成人の脊髄は大後頭孔からL1-L2の椎骨まで達する (M.279)

解剖



自動」

  [★]

automaticauto
自己自動性、オート、自動的

自動運動」

  [★]

automatism, active movement
自動運動訓練自動症

脊髄性」

  [★]

spinal
脊髄脊柱




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡