脊髄性ミオクローヌス

出典: meddic

spinal myoclonus
ミオクローヌス



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 硬膜外麻酔併用脊髄くも膜下麻酔後に発症した脊髄性ミオクローヌス
  • 久野 寧子,中村 久美,北村 里恵 他
  • 麻酔 59(6), 770-772, 2010-06-00
  • NAID 40017168733
  • 脳波・筋電図の臨床 脊髄性ミオクローヌス様不随意運動の電気生理学的診断
  • 魚住 武則,武智 詩子,辻 貞俊
  • 臨床脳波 49(11), 701-708, 2007-11-00
  • NAID 40015700640

関連リンク

2011年12月28日 ... ①脳血管障害②多発性硬化症③亜急性硬化性全脳炎④Creutzfeldt-Jakob病⑤無 酸素脳症(Lance-Adams症候群) ⑥歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症(DRPLA) ⑦ てんかん⑧妊娠⑨脊髄障害(脊髄性ミオクローヌス) などがある.
ミオクローヌスの症状がおこるのは、手足の一部分であったり、頭であったり、全身で あったりします。 なにかの刺激、たとえば音や光などでミオクローヌスが誘発されること があります。 たいのう のうかんぷ せきずい大脳、脳幹部、脊髄などの病変が原因で ある ...

関連画像

② 脳波 所見 periodic synclonous 151,141出典 home hiroshima u ac jp


★リンクテーブル★
リンク元ブラウン・セカール脊髄てんかん」「spinal myoclonus
関連記事ミオクローヌス」「脊髄」「脊髄性」「

ブラウン・セカール脊髄てんかん」

  [★]

Brown-Sequard spinal epilepsy
脊髄性ミオクローヌス


spinal myoclonus」

  [★] 脊髄性ミオクローヌス

ミオクローヌス」

  [★]

clonus
myoclonus myoclonia
筋クローヌス筋間代間代性筋痙攣
不随意運動
  • 電光のように突然起こる共同筋群の収縮によって、体の一部がピクッと動く不随意運動。
  • 持続時間は短い。
  • 原因:




脊髄」

  [★]

spinal cord (M)
medulla spinalis









  • 成人の脊髄は大後頭孔からL1-L2の椎骨まで達する (M.279)

解剖



脊髄性」

  [★]

spinal
脊髄脊柱

性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡