脊椎症性脊髄症

出典: meddic

spondylotic myelopathy


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 頚胸椎移行部脊椎症性脊髄症の4例
  • 勢理客 久,屋良 哲也,山川 慶,金谷 文則
  • 整形外科と災害外科 60(1), 80-84, 2011-03-25
  • NAID 10027973902
  • 頚胸椎移行部脊椎症性脊髄症の4例
  • 勢理客 久,屋良 哲也,山川 慶,金谷 文則
  • 整形外科と災害外科 60(1), 80-84, 2011
  • … 今回,私たちは頚胸椎移行部に脊椎症性脊髄症を生じた4例を経験したので報告する.症例は男3例,女1例で年齢は各々54,62,65,69歳であった.全例歩行障害を認め,MRIでC7/T1高位に脊髄の圧迫を認め,同高位でT2強調画像にて髄内高輝度を呈していた.感覚,巧緻障害,四肢腱反射および病的反射,四肢筋力について検討を行った.全例cervical line以下の感覚障害を認めたが,上肢,手指にしびれを認めなった.1例に右 …
  • NAID 130004461068
  • サルコイド脊髄症と変形性脊椎症
  • 松田 希,山本 悌司,添田 智子 [他],遠藤 一博,谷野 功典,棟方 充,宇川 義一
  • 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌 29(1), 15-19, 2009
  • … 5例のサルコイド脊髄症は全例で頸椎レベルに先天性脊柱管狭窄と変形性脊椎症を合併し,脊柱管狭窄レベルとMRIのサルコイド脊髄症病変レベルは一致していた.サルコイド脊髄症のMRI所見は,変形性脊椎症性脊髄症としては不釣り合いの長大な脊髄T2高信号病変,結節状あるいは斑状のガドリニウム造影病変を特徴とし,鑑別上重要と考えた.サルコイド脊髄症と変形性脊椎症の高率の合併から,変形性脊椎症が血 …
  • NAID 130001930639

関連リンク

一方、頚椎症性脊髄症では、足へ行く神経も圧迫されるので、圧迫されている部分より 下の手と足の症状が出てきます。手に行く神経が圧迫されると、手がしびれたり、 あるいは手の指が動かしにくかったり、 肘 《 ひじ 》 や肩が動かしにくくなったりという症状 が出 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事脊髄」「脊椎症」「」「脊髄症」「脊椎

脊髄」

  [★]

spinal cord (M)
medulla spinalis









  • 成人の脊髄は大後頭孔からL1-L2の椎骨まで達する (M.279)

解剖



脊椎症」

  [★]

spondylosis, spondylopathy
変形性脊椎症脊椎骨棘症


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

脊髄症」

  [★]

myelo
myelopathy
ミエロパシーミエロパチー



脊椎」

  [★]

spine
脊柱





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡