脂肪形成肉腫

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

脂肪肉腫はR. Virchowによって1857年に初めて文献報告された。1944年にArthur Purdy Stoutは“腫瘍の中で最も奇妙で風変わりなものの一つは脂肪形成細胞の腫瘍である。脂肪系腫瘍の奇妙な成長様式、驚くべき大きさ…そして、多くの他の ...
中高年の項部から肩にかけての皮下に好発する。紡錘形細胞脂肪腫と多形性脂肪腫は、以前、良性脂肪性腫瘍の中で別の亜型として取り扱われてきたが、両者の間には移行像があり、現在では同一範疇の腫瘍として認識されている。

関連画像

鋸歯状腺管の増生,杯細胞の 過形成ポリープ(hyperplastic Alternative Prostate Cancer Treatment 検査結果は脂肪肉腫であった30 代男性,睾丸(手術材料)


★リンクテーブル★
リンク元脂肪肉腫
関連記事肉腫」「脂肪」「形成」「

脂肪肉腫」

  [★]

liposarcoma
脂肪形成肉腫 lipoplastic sarcoma



肉腫」

  [★]

sarcoma
癌腫 carcinoma悪性非上皮性腫瘍


特徴 癌腫
carcinoma
肉腫
sarcoma
由来 上皮 間葉系組織
良悪性 悪性 悪性
発生頻度 比較的多い
転移形式 多くがリンパ行性 多くが血行性
in situ時期
上皮内癌
粘膜内癌
有り 無し
年齢 老人・中年(50歳以上) 若年・壮年(50歳以下)


脂肪」

  [★]

fat
トリアシルグリセロール脂肪酸



形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる


腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡