脂肪定常説

出典: meddic

lipostatic theory


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

世界大百科事典 第2版 - 脂肪定常説の用語解説 - また,摂食および満腹中枢の化学受容器や温度受容器が,食欲や満腹感の発生に直接関与すると想定して,いくつかの中枢説が出された。そのおもなものは,(1)糖定常説,(2)脂肪定常説 ...
脂肪定常説(G.C.Kennedy,1953) 蓄積された脂肪の特殊な代謝物は遊離脂肪酸と呼ばれている。遊離脂肪酸の循環レベルが高いときには、蓄積された脂肪 の減少の結果、有機体は食物摂取を増加させる。逆に低い時には、脂肪は利用 ...
... (「脂肪定常説」あるいは「脂肪平衡」)として知られている。つまり、われわれの体は、脂肪の量を増減させることで、体重をセットポイントの値になるように調節しているというのだ。 要するに、セットポイントが90 kgの人が無理 ...


★リンクテーブル★
関連記事脂肪」「定常

脂肪」

  [★]

fat
トリアシルグリセロール脂肪酸



定常」

  [★]

steadystationary
定常性着実定常的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡