脂肪定常説

出典: meddic

lipostatic theory


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

1999年9月2日 ... 現在、医学界においてひろく受け入れられている理論は、リポスターシス(「脂肪定常説」 あるいは「脂肪平衡」)として知られている。つまり、われわれの体は、脂肪の量を増減 させることで、体重をセットポイントの値になるように調節しているという ...
化学受容器; セットポイント. (1) 糖定常説. ブトウ糖;グルコース受容器. (2) 温度定常 説. 食事誘導性熱産生;体温調節中枢との交信. (3) 脂肪定常説. レプチン、遊離 脂肪酸;化学受容器. (4) リン酸化定常説. 体内のエネルギー(ATP)量のモニター. 短期 . 長期 ...


★リンクテーブル★
関連記事脂肪」「定常

脂肪」

  [★]

fat
トリアシルグリセロール脂肪酸



定常」

  [★]

steadystationary
定常性着実定常的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡