胸骨翻転術

出典: meddic


和文文献

  • PO-116 胸骨翻転術後の胸部再陥凹に対し胸骨挙上術(NUSS法)を行った漏斗胸の1例(胸壁・腹壁・体表疾患,ポスターセッション,病気の子供達に笑顔 小児外科に夢そして革新を,第47回 日本小児外科学会学術集会)
  • 蛇口 琢,蛇口 達造,吉野 裕顕,森井 真也子
  • 日本小児外科学会雑誌 46(3), 656, 2010-05-20
  • NAID 110008016166
  • 漏斗胸に対して胸骨翻転術を施行したが,術直後より醜い前胸部形態となった症例に対する再手術
  • 笠置 康,笠置 真知子
  • 日本外科学会雑誌 107(臨時増刊号_2), 344, 2006-03-05
  • NAID 110004711322

関連リンク

術後の説明 切り離す予定の軟骨と胸骨か強力な繊維質によって 一体化されてい たために切除は困難ということになり 急遽肋骨を全てはずして形成した後に糸で繋ぎ 付け替 える『胸骨翻転術』に変更 その際 胸骨の裏と心臓の膜のバーが入っていた部分 に癒着 ...
翻転術は陥凹した胸骨と周囲の肋軟骨を含む胸壁を切離して左右をひっくり返してもと の場所に縫合するもので、へこんでいた部分が盛り上がることになります私たちの経験 からは,“見た目”を矯正する手術にしては、翻転術は手術が大きすぎると考えています.

関連画像

タイトル: 108I-46 コメント数 この写真の絵は 私の勝手な 以前 は 胸骨 翻転 術 挙 上 術 手術の方法について我々の術式の特徴手術の方法は?】


★リンクテーブル★
関連記事胸骨」「

胸骨」

  [★]

sternum


発生学

臨床関連

  • 胸骨下部で拍動性の膨隆を触れた場合は大動脈瘤、あるいは右心不全に伴う肝拍動などを考慮。


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡