胸骨結合

出典: meddic

sternal synchondrosis
synchondrosis sternalis


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 保存療法を行った胸骨結合脱臼の1例
  • 為貝 秀明,増井 文昭,神谷 耕次郎,茶薗 昌明,加藤 壮紀,伊藤 吉賢,真島 敬介,白 勝,酒井 伸英,奥津 裕也,丸毛 啓史
  • 関東整形災害外科学会雑誌 39(3), 99-103, 2008-06-01
  • NAID 10024122745
  • 反復性胸骨結合脱臼の1例

関連リンク

Rauber Kopsch Band1. 25 III.肋骨と胸骨の関節(図400~404, 408) 肋骨の結合は肋椎関節Articuli costovertebralesと胸肋連結Juncturae sternocostalesに分けられる.肋椎関節はa)肋骨小頭関節Articuli capitulorum(椎体との結合)および ...
図を見たら分かるように、胸骨の裏の緊張を緩めると下半身まで緩むのが理解で来るよね。 では技法; ①患者さんは仰臥位で術者は示指・中指の指尖を胸骨柄結合を跨いだ4点に当てる。 ...

関連画像

肋骨と胸骨図7肋骨の特徴份,常見於由胸骨柄和體所結合 8パーソナルトレーナーのお勉強


★リンクテーブル★
関連記事結合」「胸骨

結合」

  [★]

bindingbondlinkageconnectionconjugationconjunctionunionbonding、engagement,
bindassociateconjugatecombineconnectcoupleengagejoindockligateconjoin
会合関係関与関連協同共役組み合わせ結合性結紮結線従事接合接合体同僚ドッキングバインディング複合物付随併用抱合抱合体結びつける約束癒合癒着連関連結連合連鎖連接、連絡、団結組合参加接続一対合併組み合わせるカップル組合せ


胸骨」

  [★]

sternum


発生学

臨床関連

  • 胸骨下部で拍動性の膨隆を触れた場合は大動脈瘤、あるいは右心不全に伴う肝拍動などを考慮。


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡