胸骨傍リンパ節郭清術

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 進行乳癌に対する胸腔鏡下胸骨傍リンパ節郭清術
  • 明石 章則,大橋 秀一,鄭 一秀,笹岡 英明,桂 敏明
  • 日本外科系連合学会誌 20(1), 81-83, 1995-02-25
  • NAID 10012370616

関連リンク

本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を ... 胸骨傍領域のセンチネルリンパ節生検を勧める根拠は不十分であるので基本的に勧められない。
乳癌は「局所病」と考えられていた時代は、肋骨の付け根にある「胸骨傍リンパ節」を摘出していました。しかし、この摘出の有無で予後は変わらないという データが出たので、現在はほとんど行われていません。しかし、乳癌はまず ...

関連画像

製品紹介 ニューニット大腸(S状結腸)切除術腰椎後方椎体間固定術 (PLIF)傍 大動脈 リンパ節 pan 郭 清 術


★リンクテーブル★
関連記事リン」「胸骨」「郭清」「リンパ節郭清術」「郭清術

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





胸骨」

  [★]

sternum


発生学

臨床関連

  • 胸骨下部で拍動性の膨隆を触れた場合は大動脈瘤、あるいは右心不全に伴う肝拍動などを考慮。


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



郭清」

  [★]

radical dissectiontotal dissectiondissection
解体解剖解離精査切開郭清術ダイセクション全摘除術


リンパ節郭清術」

  [★]

lymph node dissection, lymphadenectomy
リンパ節郭清リンパ節切除術



郭清術」

  [★]

radical dissectiontotal dissection, dissection
郭清全摘除術




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡