胸膜洞

出典: meddic

pleural recess (KH,M)
recessus pleurales
  • 肺胸膜壁側胸膜とは、肺表面の大部分ではほぼあい接しているが、肺の前縁と下縁では胸膜腔は広くなり、胸膜洞といわれている (KL. 282)


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

胸膜腔Pleural cavity: 壁側胸膜と臓側胸膜に囲まれる空隙である。壁側胸膜に密着 した呼吸筋の収縮及び弛緩により、胸膜腔の内圧が変化し、結果として肺内圧の減少と 増加が起こり大気の入出を誘発する。また、胸膜腔が広くなった領域は胸膜洞 Pleural ...

関連画像

胸膜洞 胸腔の3つの漿膜嚢の 胸膜 胸膜頂 肋骨胸膜 横隔胸膜 図6胸膜と肺の境界線


★リンクテーブル★
リンク元肋骨横隔洞」「肋骨縦隔洞
関連記事胸膜」「

肋骨横隔洞」

  [★]

costodiaphragmatic recess (M)
胸膜洞肋骨縦隔洞
  • 図:M.69,132
  • 胸膜腔が両外側および背側の下位肋骨で形成する凹み

肋骨縦隔洞」

  [★]

costomediastinum recess (M)
胸膜洞肋骨横隔洞
  • 図:M.69


胸膜」

  [★]

pleura (Z)
腹膜心膜壁側胸膜臓側胸膜
  • 肺を覆う二重の漿膜であり、大きく2つに分けられる。
  • この2つの膜は肺門で折り返してつながり、袋をなしている(Z)


洞」

  [★]

sinusantrumantraantral
幽門洞洞性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡