胸腺肥大

出典: meddic

thymic hypertrophy



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 抗アセチルコリン受容体(AChR)抗体--結合型および阻害型抗体 (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・3)その数値をどう読むか) -- (免疫学的検査 自己抗体)
  • 太田 光煕,太田 潔江,下駄 祐子
  • 日本臨床 68(-) (980), 625-628, 2010-06
  • NAID 40017181854
  • 甲状腺機能亢進症に合併した胸腺肥大の2例
  • 桝屋 大輝,後藤 正司,中島 尊,劉 大革,石川 真也,山本 恭通,黄 政龍,横見瀬 裕保
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 21(1), 43-47, 2007-01-15
  • … れた.画像上,胸腺はびまん性肥大であり,甲状腺の軽度腫大も認めた.甲状腺機能検査を行い,バセドウ病の診断を得た.甲状腺機能亢進症に伴う胸腺肥大と判断し,バセドウ病の治療を開始した.3ヵ月後には胸腺の縮小を認めた.甲状腺機能亢進症に合併した胸腺肥大では,外科的処置の前に抗甲状腺剤の投与による画像上の経過観察も可能と考えられる.無用な手術を回避するためにも呼吸器外科医は,この …
  • NAID 110006205112

関連リンク

「猫と暮らせる日を目標に!」書庫の記事一覧 バタバタとした日々 2007/6/14(木) 午後 1:37 胸腺腫・胸腺肥大 2007/4/27(金) 午後 2:51 離れて暮らすことを決意 2007/4/25(水) 午後 4:57
症例1は19歳女性.動悸を自覚し,甲状腺腫大および前縦隔腫瘤を指摘された.甲状腺腫大は機能検査からバセドウ病と診断され,抗甲状腺剤を開始した.前縦隔腫瘍はCT下吸引細胞診からは胸腺腫も否定できなかったが,画像診断も踏まえ胸腺 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問082A068」「088B016
関連記事胸腺」「肥大」「

082A068」

  [★]

  • 誤っているのはどれか

088B016」

  [★]

  • 乳幼児期で著名な喘鳴を起こすのは
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

胸腺」

  [★]

thymus (M)
  • HIS.244
  • 一次リンパ性器官

機能

  • T細胞を分化させる
  • 正の選択:自己のMHC+自己ペプチドに結合できるT細胞のみ生存
  • 負の選択:自己のMHC+自己ペプチドに強く結合するT細胞は死滅

解剖

血管の分布

リンパの分布

発生 L.337

  • 第3咽頭嚢の腹側翼から形成される


組織学

特徴

細胞

  • 皮質
  • 細網細胞
  • 髄質
  • 髄質上皮細胞





肥大」

  [★]

hypertrophy
hypertrophia
過形成増殖
  • 組織や臓器が反応性に一定以上に容積を増すこと。



大」

  [★]

macro
マクロ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1ミタゾラム 効果 16
2pud 16
3Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 10
6多毛日本 9
7ハントコスニック 8
81,320,568,24 HTTP/1.1 8
9日常生活自立度 7
10prolapse of uterus 7
11血友病C 7
12user/register 6
13ルリッシュ症候群 5
14Salivary glands 5
15脳卒中リハ 阻害因子 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17サイズの原理 筋電図 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ルリッシュ症候群 5
3vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4
4ノンスロン 作用 3
5上腕骨 肘頭窩 2
61〜2才 推定エネルギー必要 2
7気管支原生嚢胞 疼痛 2
8Trigeminal nerve 2
9気管支廉縮 2
10SVPC 2
11山崎邦正のペロニー病をなおした病院 2
12ヘーリング反対色説 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 1
14dungeon 1
15ピトレシン 投与量 1
16ギプスシーネ 1
17重炭酸ナトリウム 経口投与 1
18下額呼吸 1
19ジメチルイソプロピルアズレン 1
20ケタミン 1