胸腹膜

出典: meddic

和文文献

  • IL-6産生悪性胸腹膜中皮腫の1例
  • 濱田 努,佃屋 剛,水野 圭子,寒川 卓哉,井上 博雅
  • 肺癌 52(3), 290-295, 2012
  • … 値を呈した.2008年4月腹腔鏡検査にて生検を行い,上皮型中皮腫と病理組織学的に診断された.胸腹部造影CTにてびまん性腹膜肥厚と腹腔内腫瘤,腹水貯留に加え,横隔膜直上に不整な胸膜肥厚を認め,悪性胸腹膜中皮腫の診断となった.cisplatin(CDDP)とpemetrexed(PEM)の併用療法を施行され腹水の著明な減少を認めた.本症例は血清IL-6が高値であり,腫瘍細胞のIL-6抗体免疫染色が陽性を呈し,IL-6産生腫瘍と診断した …
  • NAID 130002060245
  • Gefitinib 投与後の癌性胸腹膜炎に Erlotinib が有効であった1例
  • 胃穿孔による汎発性胸・腹膜炎を伴った成人Bochdalek孔ヘルニアの1救命例
  • 諏訪 宏和,長堀 優,高橋 徹也,山本 晴美,長田 俊一,窪田 徹,小尾 芳郎,阿部 哲夫,遠藤 格,嶋田 紘
  • 日本消化器外科学会雑誌 43(12), 1212-1217, 2010-12-01
  • 症例は65歳の男性で,精神疾患にて他院に入院中であったが,腹部激痛,ショック状態のため当院に搬送された.胸部単純X線検査,胸腹部CTにて横隔膜ヘルニアに伴う消化管穿孔,汎発性胸・腹膜炎の診断で緊急手術を施行した.左横隔膜後縁に約5cmのヘルニア門を認め,胃体上部大彎に約2cmの穿孔を認めた.胃部分切除,ヘルニア門の直接縫合閉鎖・ドレナージ術を行った.術後も敗血症性ショックの状態が持続したが徐々に回 …
  • NAID 110007989286

関連リンク

胸腔と腹腔は心腹膜管をとおして体の後壁に沿って連続している。 発生第5週の はじめに背外側?から胸腹膜ヒダが現れてのびだし、横中隔および食道間膜と癒合する 。 発生第7週に胸腔と腹腔が分離する。
結核性胸膜炎にともなって血清および胸水中CA125が上昇するということは報告され ている。 広瀬;両側胸水と腹水が貯留し、血清および胸水中のCA125高値を示した 結核性 胸腹膜炎の1例 日胸疾会誌35(2)196、1997 田口:血中CA125が高値を 示し ...

関連画像

図20 類円形・多角細胞からなる  胸腹膜间皮瘤、肝癌、脑瘤顔・首の「いぼ」の治療なら 先天 性 缺损 多 见于 胸 腹膜

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
拡張検索胸腹膜裂孔ヘルニア
関連記事腹膜」「」「胸腹

胸腹膜裂孔ヘルニア」

  [★]

pleuroperitoneal hernia


腹膜」

  [★]

peritoneum (Z) < peritonaion < peritonos < peri-'around'+-tonos'stretched' ; perineumと勘違いしないように
漿膜




膜」

  [★]

membrane
メンブランメンブレン


胸腹」

  [★]

thoracoabdominal
胸腹部




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡