胸腰筋膜

出典: meddic

thoracolumbar fascia (N)
fascia thoracolumbalis


  • 固有背筋を前後から包む筋膜
  • 腰部の胸腰筋膜は特に腰背筋膜と呼ばれる
  • N.167は胸腰筋膜とは言わない気がするが ← N.の間違い?


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腹横筋の収縮による胸腰筋膜の変化--筋膜を含めた腹横筋の超音波画像に着目して
  • 村上 幸士,桜庭 景植,永井 康一
  • 日本臨床スポーツ医学会誌 19(1), 102-107, 2011
  • NAID 40018710410
  • 腰痛疾患に対する腰痛体操の意義と臨床経験
  • 渡辺 俊彦
  • 日本腰痛学会雑誌 13(1), 63-70, 2007
  • … が論じられ,各腰痛病態に応じた運動療法を行ううえでの拠り所となる科学的根拠が示されつつある.腰椎の支持性は深部筋である多裂筋の特性に基づく腰椎分節間安定化作用と,腹横筋とこれに連結する胸腰筋膜が形成する輪状構造に依存することが論じられ,それゆえ腰椎支持力増強の意味において,多裂筋と腹横筋の同時収縮を企てる深部筋訓練は腰椎不安定性病態に対して原因治療的意味を有する.当院でもこ …
  • NAID 130000137309

関連リンク

胸腰筋膜 (きょうようきんまく、英:thoracolumbar fascia ). 腰から背中にかけて 存在する厚く強靭な筋膜。表層の浅葉と深い部分の深葉の2層からなるが、脊柱起立筋の 外側縁で両者は結合している。(旧称:腰背筋膜) ...

関連画像

イメージ 4YOGAと自転車と水泳と胸腰筋膜胸腰筋膜 (きょうようきん  腰方形筋や胸腰筋膜等の過緊張胸 腰 筋膜


★リンクテーブル★
リンク元後腹壁
関連記事筋膜」「」「腰筋

後腹壁」

  [★]

posterior abdominal wall
腹壁

定義

組織 (M.176)

後腹壁筋膜

後腹壁の筋 (M.176)

後腹壁の神経

(体性神経)

(自律神経)

後腹壁血管

筋膜」

  [★]

fascia (KL)
  • 筋の表面を包む結合組織膜で、筋を保護すると共に、筋収縮の際、接する筋との間に摩擦が起こらないようにし、運動を円滑にする(KL.16)


膜」

  [★]

membrane
メンブランメンブレン


腰筋」

  [★]

psoaspsoas muscle




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡