胎盤造影

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 胎盤造影法(Placentography) (X線診断の進歩と問題点(特集))
  • 岩井 正二 [他]
  • 産科と婦人科 37(6), 733-737, 1970-06
  • NAID 40017817173

関連リンク

本研究の目的は周産期領域における超音波造影剤の臨床的有用性と安全性について 検討することであり、妊娠ヒツジを用いて超音波造影剤(レボビスト)を母獣に投与し、 ヒツジ胎盤超音波像に対する造影効果、ならびに胎児に対する影響について検討した。
遺残胎盤の診断は通常経腟超音波検査で可能であるが,鑑別が困. 難な場合あるいは 時間の経過で胎盤ポリープに変化した場合の診断には,造影 MRI が優. れている. 一方,帝王切開での常位胎盤で自然剝離がなければ,術中に用手剝離を行う.癒着 胎盤 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事胎盤」「造影」「

胎盤」

  [★]

placenta (Z)


発生

G10M.30 NGY.287
  • 妊娠7週から形成が始まり、妊娠4ヶ月末(妊娠15週末,妊娠前期末)に完成。妊娠10ヶ月末まで増大し続ける。

解剖

NGY.287
  • 正期産では500g、直径20cm、厚さは中央部で2cmの扁平な円盤状構造物である。


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

機能

ガス・物質交換と代謝

単純核酸 酸素、二酸化炭素、遊離脂肪酸、脂溶性ビタミン、ナトリウム、カリウム、尿素、尿酸、薬剤の大部分、麻酔学
促進拡散 グルコース。GLUT1とGLUT3による
能動輸送 アミノ酸、水溶性ビタミン、カルシウム、リン酸塩、鉄、ヨード
エンドサイトーシス IgG, LDLコレステロール

薬物・毒物・感染性物質の胎盤通過性

  • 通過しやすい物質
  • 脂溶性・非イオン性薬剤、分子量≧600、非抱合型ステロイドホルモン、脂質
  • 通過しにくい物質
  • 水溶性・イオン性薬剤、分子量<1000、血清蛋白結合能の強い薬剤、ポリペプチドホルモン、抱合型ステロイドホルモン

ホルモン産生


造影」

  [★]

imaging
イメージング画像処理画像診断造影法画像法

影」

  [★]

shadow
陰影




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡