胎盤残留

出典: meddic

胎盤遺残

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 何がわかる? どう使う? 画像でみる産科学(第50回)胎盤残留
  • 今村 亜紗子,福田 雅史,増崎 英明
  • ペリネイタルケア 30(7), 576-579, 2011-07
  • NAID 40018911289
  • 医事紛争の本態-8-副胎盤残留による出血死

関連リンク

【胎盤遺残とはどんな病気か】 経腟(けいちつ)分娩後の異常出血のうち、胎盤や卵膜の残存物によるものは5〜10%とされています。分娩後、胎盤の大半は5〜6分で娩出されますが、胎盤が完全に娩出されずに子宮内に残留する状態が ...
今年の三月に出産した妻の夫です。出産後、一ヶ月経った頃妻が大量に出血し、出産した病院へ受診したところ医師から「胎盤が残っていることが原因」と言われました。その時、医師は「胎盤が残っていても問題はない。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元産褥出血」「胎盤遺残
関連記事胎盤」「残留

産褥出血」

  [★]

postpartum hemorrhage
分娩後出血


概念

  • 産褥期に見られる出血。
  • 多くみられるの産褥出血は弛緩出血胎盤残留
  • 弛緩出血は全分娩の5%に見られる。(参考1)

分類

  • 1) 胎盤や卵膜の遺残
  • 2) 子宮収縮不全
  • 3) 血栓脱落による出血
  • 4) 産道損傷

出血量

  • 分娩第3期に出血量が500mlを超えれば異常と考えられる。

参考

  • 1. クリニカルカンファレンス(周産期領域);2.分娩時出血への対策を考える 2)弛緩出血への対応 - 日産婦誌59巻9号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5909-393.pdf


胎盤遺残」

  [★]

retained placenta, retention of the placenta
retentio placentae
遺残胎盤胎盤残留
胎盤圧出法
[show details]

参考

  • 1. D.産科疾患の診断・治療・管理 10.異常分娩の管理と処置 - 日産婦誌61巻3号
http://www.jsog.or.jp/PDF/61/6103-062.pdf


胎盤」

  [★]

placenta (Z)


発生

G10M.30 NGY.287
  • 妊娠7週から形成が始まり、妊娠4ヶ月末(妊娠15週末,妊娠前期末)に完成。妊娠10ヶ月末まで増大し続ける。

解剖

NGY.287
  • 正期産では500g、直径20cm、厚さは中央部で2cmの扁平な円盤状構造物である。


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

機能

ガス・物質交換と代謝

単純核酸 酸素、二酸化炭素、遊離脂肪酸、脂溶性ビタミン、ナトリウム、カリウム、尿素、尿酸、薬剤の大部分、麻酔学
促進拡散 グルコース。GLUT1とGLUT3による
能動輸送 アミノ酸、水溶性ビタミン、カルシウム、リン酸塩、鉄、ヨード
エンドサイトーシス IgG, LDLコレステロール

薬物・毒物・感染性物質の胎盤通過性

  • 通過しやすい物質
  • 脂溶性・非イオン性薬剤、分子量≧600、非抱合型ステロイドホルモン、脂質
  • 通過しにくい物質
  • 水溶性・イオン性薬剤、分子量<1000、血清蛋白結合能の強い薬剤、ポリペプチドホルモン、抱合型ステロイドホルモン

ホルモン産生


残留」

  [★]

residual
残渣剰余



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡