胎盤

出典: meddic

placenta (Z)



発生

G10M.30 NGY.287
  • 妊娠7週から形成が始まり、妊娠4ヶ月末(妊娠15週末,妊娠前期末)に完成。妊娠10ヶ月末まで増大し続ける。

解剖

NGY.287
  • 正期産では500g、直径20cm、厚さは中央部で2cmの扁平な円盤状構造物である。


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

機能

ガス・物質交換と代謝

単純核酸 酸素、二酸化炭素、遊離脂肪酸、脂溶性ビタミン、ナトリウム、カリウム、尿素、尿酸、薬剤の大部分、麻酔学
促進拡散 グルコース。GLUT1とGLUT3による
能動輸送 アミノ酸、水溶性ビタミン、カルシウム、リン酸塩、鉄、ヨード
エンドサイトーシス IgG, LDLコレステロール

薬物・毒物・感染性物質の胎盤通過性

  • 通過しやすい物質
  • 脂溶性・非イオン性薬剤、分子量≧600、非抱合型ステロイドホルモン、脂質
  • 通過しにくい物質
  • 水溶性・イオン性薬剤、分子量<1000、血清蛋白結合能の強い薬剤、ポリペプチドホルモン、抱合型ステロイドホルモン

ホルモン産生


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/08/07 10:38:16」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 妊娠高血圧症候群の病態形成における絨毛細胞分化の役割とその調節メカニズム
  • 福嶋 恒太郎,和氣 徳夫,Fukushima Kotaro,Wake Norio,フクシマ コウタロウ,ワケ ノリオ
  • 福岡医学雑誌 102, 223-228, 2011-07-25
  • … る.胎盤発生の過程で原始栄養膜細胞層は,機能的にも形態的にも異なる2種類の細胞に分化していく.ひとつはExtravillous trophoblast(EVT)で,この細胞は母体脱落膜から筋層へ浸潤し一部は母体のらせん動脈をはじめとする血管の内皮や壁を置換する.もうひとつは絨毛性栄養膜合胞体Villous syncytiotrophoblast(SVT)であり,これは絨毛間腔を裏打ちしガスや栄養の母児交換を担う.EVTの分化は胎盤血流 …
  • NAID 120003242897
  • TT ウイルス母子感染の後方視的,前方視的研究 ─特に母子感染様式と周産期における臨床的意義について─
  • 稲葉 未知世,大島 教子,林田 志峯,西川 正能,岡嶋 祐子,北澤 正文,深澤 一雄,渡辺 博,高見澤 裕吉,稻葉 憲之
  • Dokkyo journal of medical sciences 38(1), 41-47, 2011-03-25
  • … ャリアでもあった.TTV DNA 陽転化した総数17 名の出生児は全員生後18 ヶ月時点までTTV DNA 陽性が持続しており,脱キャリア化は認められていない.また,キャリア化児におけるTTV DNA 出現時期および哺育方法より経胎盤感染,経産道感染および経唾液感染は否定的であり,経母乳感染の可能性が強く示唆される結果であった.また,キャリア妊婦及びキャリア化児における肝機能異常は母子共々TTV 単独キャリアでは認められず,TTV …
  • NAID 110008427642
  • P2-19-6 胎児母体間輸血症候群が診断の契機となった胎盤内絨毛癌の一例(Group109 子宮頸部腫瘍・絨毛性疾患症例,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 齋藤 文誉,宮原 陽,本田 律生,田代 浩徳,大場 隆,片渕 秀隆
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(2), 822, 2011-02-01
  • NAID 110008509886

関連リンク

胎盤(たいばん)とは、有胎盤類などの雌(人間の女性も含む)の妊娠時、子宮内に形成 され、母体と胎児を連絡する器官である。 胎盤を作る出産を胎生とよぶが、卵胎生(非 胎盤型胎生)を胎生に含めることがあるので注意を要する。 ...
でも30週頃を過ぎても、胎盤の位置が変わらないようであれば「前置胎盤」の診断がつき ます。特に全前置胎盤の場合は比較的早いうちに診断がつきます。この先胎盤が上に あがっても完全に内子宮口からはずれることは難しく、辺縁前置胎盤や部分前置胎盤に ...

関連画像

バケツ半分くらいあります。胎盤は、一個の受精卵から10 図7 ヒトの胎盤胎盤胎盤模型,実物大:画像胎盤胎盤の癒着胎盤を持つ動物 [ 編集 ]


★リンクテーブル★
国試過去問105I060」「106E047」「107B047」「092E034」「106E050」「100F002」「102E013」「099D055」「101B049」「098G044」「100G051」「097G047」「087B002」「079A022」「105G006」「096G054」「093A029」「085A063
リンク元プロゲステロン」「コラーゲン」「チアマゾール」「胎盤剥離徴候」「妊娠期別検査
拡張検索癒着胎盤」「胎盤早期剥離」「胎盤部トロホブラスト腫瘍」「胎盤梗塞

105I060」

  [★]

  • 35歳の1回経産婦。妊娠40週に陣痛発来し入院した。5年前に回旋異常のため妊娠38週で2, 700gの女児を帝王切開で分娩した。今回の妊娠経過は良好であった。身長158cm、体重62kg、脈拍84/分、整。血圧120/84mmHg。児は第1頭位腟鏡診外子宮口から少量の羊水流出を認めた。超音波検査では胎児推定体重は3,400g、胎盤子宮底部を中心に存在し異常所見を認めなかった。入院時の内診所見で先進部の下降度 SP-1cm、子宮口3cm開大。胎児心拍数陣痛図で子宮収縮は3分間隔。胎児心拍数パターンに異常を認めなかった。その後陣痛は増強し頻回となり入院後2時間には2分間隔となった。内診では子宮口は全開大し、児頭下降度はSP+2cmであった。この時点から産婦は陣痛に合わせて努責を開始した。30分経過したころ気分不快を訴えた。呼吸困難はない。意識は清明、呼吸数24/分。脈拍112/分、整。血圧80/52mmHg。顔面は蒼白。少量の性器出血を認める。再度の内診では、児頭下降度はSP-3cmである。胎児心拍数陣痛図では陣痛は微弱となり、遷延性徐脈を認める。
  • 治療として最も適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105I059]←[国試_105]→[105I061

106E047」

  [★]

  • 33歳の1回経妊1回経産婦。妊娠27週。腹部緊満感を主訴に来院した。 2週前から腹部の緊満を感じていたという。昨日から上腹部の圧迫感を自覚するようになったため受診した。身長156cm、体重62kg。脈拍84/分、整。血圧116/58mmHg。子宮底長35cm、腹囲92cm。内診子宮口は閉鎖している。腟分泌物は少量、淡血性である。経腟超音波検査で、頸管長12mm、内子宮口付近にfunneling(内子宮口の楔状の開大)を認める。腹部超音波検査で胎児は頭位であり、胎児推定体重1,008g、羊水指数(AFI)28cmである。胎盤は子宮底部に位置している。胎児心拍数陣痛図(別冊No. 6)を別に示す。
  • 現時点の対応として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106E046]←[国試_106]→[106E048

107B047」

  [★]

  • 37歳の1回経妊0回経産婦。妊娠35週0日。昨夜から胎動の減少を自覚し来院した。これまでの妊娠経過は順調であった。身長160cm、体重56kg(非妊時52kg)。血圧110/68mmHg。尿検査:蛋白(-)、糖(-)。子宮底長28cm、腹囲85cm。Leopold診察法では、第1頭位であった。胎児心拍は136/分であった。両下肢に浮腫を認めない。超音波検査を行うことにした。
  • 注意して観察すべき項目はどれか。2つ選べ。
  • a 羊水量
  • b 胎盤の位置
  • c 胎児推定体重
  • d 子宮壁の厚さ
  • e 胎児後頸部浮腫


[正答]


※国試ナビ4※ 107B046]←[国試_107]→[107B048

092E034」

  [★]

  • 出生直後の新生児。41週5日、3,200gで出生した。分娩時間第I期14時間、第II期1時間40分。羊水混濁があり、胎盤は黄染していた。臍帯動脈血pH 7.25。Apgarスコア5点(1分)、7点(5分)。鳴き声が弱く、軽度のチアノーゼを認めた。口腔内を吸引し、酸素を再び投与たところ、チアノーゼは改善し泣き声も強くなった。約10分後、再びチアノーゼと多呼吸とが出現した。、聴診上、心雑音はないが、呼吸音は両側とも減弱している。
  • まず行うべき処置はどれか。

106E050」

  [★]

  • 36歳の1回経妊1回経産婦。妊娠32週。昨夜からの少量の性器出血を主訴に来院した。自宅近くの医療機関で胎盤位置異常の可能性を指摘されたため、紹介されて受診した。 32歳時に自然経腟分娩で第1子を出産している。腹部MRIのT2強調矢状断像(別冊No. 7)を別に示す。
  • 胎盤はどれか。
  • a ①
  • b ②
  • c ③
  • d ④
  • e ⑤



[正答]


※国試ナビ4※ 106E049]←[国試_106]→[106E051

100F002」

  [★]

  • 在胎28週の胎児。1絨毛膜2羊膜性双胎と診断されている。妊娠初期には2児の大きさにほとんど差を認めなかったが、次第に差を認めるようになり、大きい方の児に羊水過多胎児水腫とを認めるようになった。
  • 異常があると考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100F001]←[国試_100]→[100F003

102E013」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 102E012]←[国試_102]→[102E014

099D055」

  [★]

  • 正しいのはどれか。
  • (1) 胎盤は多くの分葉からなる。
  • (2) 卵膜は2層構造である。
  • (3) 臍帯動脈は1本である。
  • (4) 臍帯付着部位は胎盤中央に限られる。
  • (5) 羊水量は超音波検査で推定できる。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 099D054]←[国試_099]→[099D056

101B049」

  [★]

  • 正しいのはどれか。2つ選べ。
  • a. 絨毛間腔は母体血が循環する。
  • b. 脱落膜は胎児由来の組織である。
  • c. 羊水量は胎児腎機能と関連する。
  • d. 胎盤の構造は妊娠24週で完成する。
  • e. 胎盤重量は妊娠末期で平均800gである。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B048]←[国試_101]→[101B050

098G044」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 098G043]←[国試_098]→[098G045

100G051」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 100G050]←[国試_100]→[100G052

097G047」

  [★]

  • 正しいのはどれか。
  • a. 子宮内膜から胎盤が発生する。
  • b. 薬物は胎盤を通過しない。
  • c. 胎児尿は羊水の主成分となる。
  • d. 臍帯には1本の動脈と2本の静脈がある。
  • e. 卵膜は単層で構成される。
[正答]


※国試ナビ4※ 097G046]←[国試_097]→[097G048

087B002」

  [★]

  • 30歳の初産婦。妊娠33週。腹痛と少量の性器出血津を主訴として来院した。妊娠高血圧症候群の所見はないが、子宮壁の圧痛が増強してきている。
  • 治療方針決定のために最も必要な情報はどれか。
  • (1) 血清FDP
  • (2) 胎児肺成熟度
  • (3) 超音波検査による推定児体重
  • (4) 超音波検査による胎盤所見
  • (5) 胎児心拍数陣痛図
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

079A022」

  [★]

  • 正常妊娠について正しいのはどれか
  • (1) LHは7週頃まで高値を持続する
  • (2) hCGは10週頃に最高値となる
  • (3) プロゲステロンの主な産生部位は12週頃から胎盤となる
  • (4) hPLは20週頃に最高値となる
  • (5) 尿中エストロゲン分画E2は30週頃に最高値となる
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

105G006」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105G005]←[国試_105]→[105G007

096G054」

  [★]

  • 胎芽期の主な造血部位はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096G053]←[国試_096]→[096G055

093A029」

  [★]

  • 正しいのはどれ

085A063」

  [★]

  • (1) 胎児副腎
  • (2) 胎児腎
  • (3) 胎児肝
  • (4) 胎盤

プロゲステロン」

  [★]

progesterone (Z), P4
黄体ホルモン corpus luteum hormoneプロジェステロン
プロゲホルモン ルテウム プロゲストン, Crinone, Prochieve, Progestasert
エストロゲン月経周期ホルモン

分類

性状

産生組織

G10M.37

標的組織

生理作用

  エストロゲン プロゲステロン
子宮内膜 増殖期:増殖
分泌期:プロゲステロンと協調して分泌期維持

分泌期:分泌期誘導
卵巣 卵胞の成長
顆粒細胞に作用してエストロゲン受容体発現↑
エストロゲンの正のフィードバック
エストロゲンの大量分泌
 
子宮筋 オキシトシンに対する感受性↓
肥大増殖
オキシトシンに対する感受性↑
中枢神経への作用 視床下部下垂体
 少量→負のフィードバック
 多量→正のフィードバック
視床下部体温中枢
 刺激
その他 子宮頚管粘液
 量:↑、牽引性:↑、羊歯葉状結晶:↑
・膣スメアの変化
 成熟した表層細胞の出現
  角化、核濃縮、好酸性
・乳腺
 腺房発育
  • 子宮内膜:プロスタグランジンの合成を制御(増殖期には低値、月経期には高値) → 月経前症候群月経困難症との関連
  • 妊娠中には下垂体前葉に作用してLHの分泌を抑制し、排卵を抑制する。(G10M.37)
  • 乳腺組織のPRL受容体を減少させ、乳汁分泌を抑制する。(G10M.37)

作用機序

分泌調節

性周期・月経・妊娠との関連

非妊時

  • 卵胞期:低値
  • 排卵期~黄体期:高値
  • 黄体期後期:漸減

妊娠時

  • 妊娠時には0-10週にかけてなだらかに上昇してから下降するが、以降漸増する。(NGY.47)
  • 妊娠時には10週までなだらかに増加し、以降増加。(G10M.37)

LAB.724

  エストロゲン プロゲステロン
エストロン エストラジオール エストリオール  
(pg/ml) (pg/ml) (pg/ml) (ng/ml)
女性 卵胞期 10~60 10~150 0~20 0.5~1.5
排卵期 25~100 50~380 5~40 1.5~6.8
黄体期 25~80 30~300 5~40 5.0~28.0
更年期 20~80 10~50 0~20 0.3~0.4
男性 30~60 10~60 0~15 0.2~0.4





コラーゲン」

  [★]

collagen
膠原
  • first aid step1 2006 p.85,86,114,288,291,292,301,306,319,321,385,427

遺伝子

  • COL1A1 17q22
  • COL1A2 7q22.1
  • COL2A1 12q13
  • COL11A2 6p21.3
これらの遺伝子の変異による結合組織疾患はdominant negative mutationである。

臨床関連

コラーゲンの種類

  • HIS.97 NDE.5
  場所
I型コラーゲン 狭義の結合組織象牙質セメント質に存在
II型コラーゲン 硝子軟骨弾性軟骨
III型コラーゲン 細網線維
IV型コラーゲン 基底板の緻密板を作る
V型コラーゲン I型コラーゲンと関連。胎盤に存在
VII型コラーゲン 基底板細網線維に付着。anchoring fibril
XVII型コラーゲン ヘミデスモソーム基底板を連結

生合成



チアマゾール」

  [★]

thiamazole
thiamazolum
メチマゾール methimazoleメルカプトメチルイミダゾール mercaptomethylimidazole MMI
メルカゾール、Tapazole
薬理学甲状腺機能亢進症プロピルチオウラシル propylthiouracil PTU


  • thioamide系薬

作用機序

薬理作用

ペルオキシダーゼは濾胞内でO2からH2O2を生成し、H2O2によりI-がIとなりサイログロブリン上のチロシンの3位or5位につく

動態

  • 胎盤を通過
  • 乳汁中に分泌 → 妊婦には投与しない方がよい

適応

注意

禁忌

副作用



胎盤剥離徴候」

  [★]

placental separation sign
胎盤胎盤剥離癒着胎盤


妊娠期別検査」

  [★]

妊娠
QB.Q-4, G10M.46
  • 妊娠初期
  • 尿中hCG定量:妊娠4週から。予定月経を数日経過してから
超音波検査法:胞状奇胎子宮外妊娠、流産の識別、黄体嚢胞の有無、妊娠週数の推定(GS, CRL)
  • 妊娠中期
  • 超音波検査法:多胎妊娠の識別、胎盤の位置、胎児発育(BPD,FL)
  • 血中AFP測定
  • 妊娠後期
  • 超音波検査法:胎児発育(BPD,FL)、胎盤の位置、羊水の測定(AFI)
  • ノンストレステスト:胎児well-being判定
  • 胎児胎盤機能検査:尿中E3測定、血中CAPhPL測定
  • シェイクテスト:胎児肺成熟度、L/S比

癒着胎盤」

  [★]

placenta accreta

原因

頻度

NGY.459
  • 2500-700分娩に1例
  • 1/3は前置胎盤に合併
  • 1/4は前回帝王切開
  • 1/4は子宮内清掃術に合併

分類

治療

  • 用手剥離
  • 薬物療法:メトトレキセート、エトポシド
  • 手術療法:用手剥離が困難で出血のコントロールがつかない場合

参考

  • C.産科疾患の診断・治療・管理 - 5.異常分娩の管理と処置 - 日産婦誌54巻6号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/54/5406-139.pdf



胎盤早期剥離」

  [★]

abruption of the placenta, abruption of placenta, premature separation of the placenta, ablation of the placenta, ablation of placenta, placental abruption
abruptio placentae, ablatio placentae
子宮胎盤溢血 uteroplacental apoplexy, Couvelaire uterus
常位胎盤早期剥離



胎盤部トロホブラスト腫瘍」

  [★]

placental-site trophoblastic tumor, placental site trophoblastic tumor, PSTT
絨毛性疾患


胎盤梗塞」

  [★]

placental infarction, infarct of the placenta
infarctus placentaris





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡