胆道鏡

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 自己免疫性膵炎に合併したIgG4関連硬化性胆管炎の1例 (特集 第67回広島医学会総会) -- (受賞論文の要旨)
  • 小川 裕太郎,栗原 啓介,佐々木 民人 [他]
  • 広島医学 68(2), 91-96, 2015-02
  • NAID 40020386824
  • 左副肝管を合併した胃開口型重複胆管の1切除例
  • 佐藤 琢爾,角 泰廣,宮原 利行,加藤 喜彦,中野 良太
  • 日本消化器外科学会雑誌 48(6), 496-503, 2015
  • … 総胆管結石症と診断し異所胆管切除,総胆管切開切石,胆囊摘出術を予定した.手術所見は異所胆管が小網内を左肝管から胃小彎へと走行していた.また,異所胆管に合流する2本の胆管を別に認めた.術中胆道鏡で2本の胆管は胆管正常粘膜を有し,走行から尾状葉胆管枝と考え,左副肝管と診断した.胆囊摘出,総胆管切開切石,胃部分切除を含めた異所胆管,左副肝管切除を行った.左肝管に近い副肝管は温存した …
  • NAID 130005078253
  • 経口胆道鏡が術前診断に有用であった胆管内乳頭状腫瘍の1例
  • 川野 壽宙,奥脇 興介,木田 光広,今泉 弘,宮澤 志朗,岩井 知久,山内 浩史,金子 亨,竹澤 三代子,大部 誠,小泉 和三郎
  • 胆道 29(1), 103-109, 2015
  • … 今回,我々は経口胆道鏡(Peroral Cholangioscopy;POCS)を用いることによって,腫瘍の局在及びその範囲診断と,直視下生検による病理組織診断が可能であったIntraductal Papillaly Neoplasm of the Bile duct(IPNB)の1例を経験したので報告する.症例は43歳女性.倦怠感を主訴に他院を受診.血液検査で肝機能異常を指摘され,腹部超音波検査で肝左葉に嚢胞性腫瘤を認め当院に受診した.当院でのCTやMRIでは肝左葉に90 mm大の嚢胞性病 …
  • NAID 130005067664

関連リンク

胆道鏡 胆道鏡検査は、主に胆道<注1>にドレーン<注2>とよばれる管を挿入する処置<注3>を受けられた方が、その管の通路(瘻孔<注4>)を利用して細い内視鏡を挿入して観察、処置をする方法です。 胆道鏡検査の目的は、胆道狭窄の ...
... 細い内視鏡を主膵管や総胆管に挿入し、管内を観察する検査方法(親子方式経口膵管鏡・胆道鏡検査)もあります。内視鏡検査時に行う組織、細胞採取は確定診断に欠かせません。 親子方式経口胆道鏡 ERCPのX線画像 内視鏡とは ...

関連画像

オリンパス ニュースリリース 方式 経口 膵管鏡 胆 道鏡 検査 胆道鏡:左外側区域胆管へ経 検査:内視鏡を用いた検査方法 扱う疾患-ERCP- 福岡大学医学部 ダブルバルーン内視鏡・胆道鏡


★リンクテーブル★
拡張検索経皮経肝胆道鏡下石切術」「胆道鏡検査法
関連記事胆道」「

経皮経肝胆道鏡下石切術」

  [★]

percutaneous transhepatic cholangioscopic lithotomy PTCL


胆道鏡検査法」

  [★]

cholangioscopy
胆道鏡検査


胆道」

  [★]

bile duct
胆管系

胆道の正常計測値

腹部超音波テキスト p.88
  • 胆嚢径 :長径8cmx短径4cm以下
  • 胆嚢壁圧:3mm以下
  • 胆管:        所見   異常所見
  • 総胆管径:   8mm以下 9mm以上 10mm以上
  • 総肝管径:   6mm以下 7mm以上 8mm以上
  • 肝管径(右・左):4mm以下 
  • 肝内胆管径:  1mm以下 


鏡」

  [★]

mirror
写す




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡