胆管過誤腫

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 胆管過誤腫様変化と胆管細胞腺腫が併存した肝内胆管癌の1例
  • 高橋 祥,高田 弘一,河野 豊,宮西 浩嗣,石渡 裕俊,林 毅,佐川 保,佐藤 勉,佐藤 康史,瀧本 理修,小船 雅義,黒岩 巌志,平山 眞章,飛岡 弘敏,平田 公一,尾松 睦子,長谷川 匡,加藤 淳二
  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 107(3), 461-469, 2010-03-05
  • … 性被膜を欠き豊富な間質結合織をともない,腺管様配列を呈し浸潤性増殖をきたす中分化型肝内胆管癌であった.腫瘍内の一部に細胆管癌様組織像を認めた.腫瘍の近傍には嚢胞性に拡張する過誤腫様変化と異型のない胆管が小結節状に増殖する胆管細胞腺腫が存在した.過誤腫様変化を呈した領域と胆管細胞腺腫と肝内胆管癌には相互に移行像は認められなかった.また,正常肝のグリソンには胆管過誤腫を認めた. …
  • NAID 10026135454
  • 多発肝膿瘍と鑑別を要した胆管過誤腫の1例
  • 則武 秀尚,影山 富士人,竹平 安則,山田 正美,吉井 重人,室久 剛,吉田 賢一,岩岡 泰志,寺井 智宏,魚谷 貴洋,渡邉 晋也,平良 章子,小林 良正
  • 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 48(8), 370-376, 2007-08-25
  • … 影MRI検査では入院時に認められた嚢胞周囲の造影効果は消失したが,依然として肝両葉に多発する小嚢胞性病変がみられた.臨床経過及び画像所見から胆管過誤腫を基礎疾患とした胆管過誤腫の感染と考えられた.胆管過誤腫は通常無症状であるが感染を合併すると多発肝膿瘍との鑑別に苦慮する場合がある.本症例は臨床経過および画像所見の経過から診断に至った貴重な症 …
  • NAID 10019941748

関連リンク

超音波検査法セミナー 第5章:肝臓の超音波像あれこれ Chapter-4 肝臓の嚢胞と類似疾患 胆管過誤腫 ... von Meyenburg’s Complexは肝臓に無数の微細な嚢胞が瀰漫性に見られる胆管過誤腫である。よく観察すると小さな嚢胞がいくつか ...
このページは、CT.MRIを中心とした画像診断に関する情報と読影支援のサイトです。 ... 胆管過誤腫 胆管過誤腫 キーワード:胆管過誤腫、Von Meyenburg complexes、VMC、嚢胞、転移、コメットエコー、MRCP
詳細の表示を試みましたが、サイトのオーナーによって制限されているため表示できません。

関連画像

最新版 の 情報 は こちら が 見られ 周囲 の 胆管 の 拡張 胆管 過誤 腫 の 鑑別 画像診断 胆管 の 発生 異常 の 一種 で放射線 技師 さん から の 質問 肝 血管 腫 肝 血管 腫 は 肝


★リンクテーブル★
リンク元肝腫瘍
関連記事胆管」「」「過誤腫

肝腫瘍」

  [★]

liver tumor, hepatic tumor, hepatic neoplasm, liver neoplasm, tumor of the liver
肝癌肝臓癌

分類

SRA.472

肝細胞癌の鑑別疾患となる良性腫瘍

SSUR.594

検査

  • 超音波エコー:(肝細胞癌)線維性被膜を有する境界明瞭な腫瘤でモザイクパターンを呈する。(転移性肝癌)低エコーの結節病変の中心に高エコーを有するbull's eye signを認める。


参考

  • 1. Fat-containing lesions of the liver: radiologic-pathologic correlation.
  • Prasad SR, Wang H, Rosas H, Menias CO, Narra VR, Middleton WD, Heiken JP.SourceDepartment of Radiology, University of Texas Health Science Center at San Antonio, USA.
  • Radiographics : a review publication of the Radiological Society of North America, Inc.Radiographics.2005 Mar-Apr;25(2):321-31.
  • Fat-containing tumors of the liver are a heterogeneous group of tumors with characteristic histologic features, variable biologic profiles, and variable imaging findings. Benign liver lesions that contain fat include focal or geographic fatty change (steatosis), pseudolesions due to postoperative pa
  • PMID 15798052
脂肪を含む肝腫瘍は画像検査で鑑別診断を狭めることが可能である。



胆管」

  [★]

bile duct (Z), biliary tract
胆汁路
肝内胆管肝外胆管

胆管径

腹部超音波テキスト 第1版 p.169
  • 正常胆管径:
  • 胆摘後では肝外胆管が10mm以上になりうる
  • 加齢によって太くなる
  • とある文献によれば、総胆管径は
胆嚢炎:8.7±1.7
胆石:11±3.3
胆嚢切除後:9.5±2.6
膵炎:9.8±2.2
膵癌:14.0±2.8
リンパ腫:9.5±2.6
十二指腸疾患(十二指腸炎、十二指腸潰瘍、十二指腸瘢痕):8.4±1.0



腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


過誤腫」

  [★]

hamartoma
肺過誤腫






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡