胆石胆嚢炎

出典: meddic

cholelithic cholecystitis, gallstone cholecystitis
胆嚢炎


  • 欠席、血管性の痛みは突然起こるのが特徴
  • 症状
  • 胆石疝痛
  • 一家席の胆石嵌頓による
  • 胆道括約筋の痙攣性収縮
  • 胆道内圧の上昇、胆管壁の過伸展
  • 突然激しい痛み、数十分から数時間
  • 関連痛→右季肋部、右肩、右背部へ放散
  • 胆道内圧上昇→王と、冷や汗
胆嚢炎では感染による胆嚢内への滲出物の貯留
  • 発熱は胆道感染症の合併を意味する
  • 黄疸が認められれば通常胆管結石である

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 胆石胆嚢炎に対して超音波凝固切開装置を使用した際プローブに鈍的亀裂が生じた事例について
  • 石田 稔,工藤 貴英,鎌田 豊 [他]
  • 北海道臨床工学技士会会誌 = Journal of Hokkaido Society for Clinical Engineering Technology (24), 141-143, 2014-09-30
  • NAID 40020383026
  • 肝十二指腸間膜内全脈管走行異常と右側肝円索を伴った胆石胆嚢炎の1例
  • 杉山 眞一,土居 浩一,高森 啓史
  • 胆道 28(4), 673-676, 2014
  • … 肝十二指腸間膜内の門脈,胆管,肝動脈の全構造が変位し,かつ右側肝円索を有する非常に稀な解剖学的変異を有する胆石胆嚢炎症例を経験したので,その手術手技上の工夫と若干の文献的考察を加え報告する.症例は63歳,女性.腹部造影CT上,肝十二指腸間膜内の門脈,胆管,肝動脈の全てが十二指腸腹側を走行し,その中で門脈が最も腹側に位置していた.その背側を総胆管が,さらに背側を固有肝動脈が走行し …
  • NAID 130004838913
  • Over The Scope Clipシステムを用いて内視鏡的に閉鎖し得た胆嚢結腸瘻の1例
  • 玄 泰行,福井 勇人,福居 顕文,土肥 統,城 正泰,時田 和彦,伊藤 義人
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 56(10), 3650-3655, 2014
  • … The Scope Clip(OTSC)システムは2011年11月に本邦で薬事認可された全層縫合器であるが,消化管瘻孔閉鎖に対する有用性の報告は本邦において少ない.症例は70歳台,男性.胆石胆嚢炎及び胆嚢結腸瘻を認めたが,認知症を有する寝たきり状態(要介護3)のため,外科手術が困難であった.大腸内視鏡下に瘻孔を確認し,OTSCを用いて瘻孔縫縮術を施行し,OTSC施行から24日目には瘻孔の閉鎖を確認しえた.一般的に胆嚢結 …
  • NAID 130004707304

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
リンク元急性胆嚢炎
関連記事胆石」「胆嚢」「胆嚢炎」「

急性胆嚢炎」

  [★]

acute cholecystitis
胆嚢炎胆石胆嚢炎
  • fat, female, forty, and fertile” = acute cholecystitis

検査

  • 血液検査
  • 炎症所見:高CRP、白血球増多
  • 画像検査
  • 腹部超音波検査:胆嚢壁肥大、胆嚢壁3層構造(胆嚢壁の最内部と最外部がhigh、中間部がlowに描出される)。胆砂はhigh。胆嚢周囲に炎症が及び膿瘍が形成されればlowに描出される。
  • 腹部CT
胆嚢壁の浮腫
[show details]

鑑別疾患

治療

ガイドライン1
  • 治療方針:原則、胆嚢摘出術を前提とした初期治療
  • 黄疸例や全身状態不良例では一時的な胆嚢ドレナージも考慮する
  • 重症急性胆嚢炎は緊急手術を行う
  • 中等症急性胆嚢炎は迅速に手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術)や胆嚢ドレナージを検討
  • 軽症でも初期治療に反応しない例では迅速に手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術が望ましい)や胆嚢ドレナージを検討
  • 初期治療:手術や緊急ドレナージ術の適応を考慮しながら、絶食、十分な輸液と電解質の補正、鎮痛剤、抗菌薬投与を行う。

ドレナージ

  • PTGBD percutaneous transhepatic gallbladder drainage
  • PTGBA percutaneous transhepatic gallbladder aspiration

合併症

  • Q80. 急性胆嚢炎に胆嚢癌が合併している頻度は?
  • 急性胆嚢炎に胆嚢癌が合併している頻度は1~1.5%である。
  • 高齢者では胆嚢癌の合併頻度が高い(60歳以上では9%)。

予後

  • 胆嚢癌の約80%に結石を合併しているが、胆石症に胆嚢癌が合併する確率は0.1%(NIH 92)あるいは0.01%(胆石国際学会95)ともいわれている。

ガイドライン

  • 1.
[display]http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0020/0020_ContentsTop.html

国試


胆石」

  [★]

gall stone
cholelithiasis
胆石症胆石イレウス胆汁

部位による区分

成分による区分

参考1-5

  • コレステロール混成石:内層がコレステロール成分、外層がビリルビン成分。胆嚢内に単発が多い。割面は放射状+層状。
  • コレステロール混合石:コレステロールと少量のビリルビン。黄、褐、緑、黒、白など多彩。個数は数個から数百個に及ぶ。胆嚢内に発生。内部にひび割れを生じる。
  • 全胆石の30%を占め最も多い。
  • 原因:胆汁うっ滞+細菌感染
  • 黒色石:ビリルビンカルシウムの重合体。ほとんどが胆嚢内。
  • 原因:溶血性貧血、肝硬変

主要なリスクファクター

参考6
  • 年齢
  • 性別:女性
  • 遺伝:ピマインディアン(2型糖尿病の罹患率が高い)、ある種のネイティブアメリカ人、チリ人
  • 妊娠
  • 肥満
  • 急激な体重減少
  • 超低カロリー食
  • 病的肥満に対する手術療法
  • 回腸末端切除
  • 胆汁うっ滞(gallbladder stasis)
  • 身体活動性低下

検査

超音波所見

X線CT

  • 石灰化胆石:胆嚢内高濃度
  • コレステロール胆石:胆嚢内低濃度

参考

  • 1. 写真付き
[display]http://www.med.kyushu-u.ac.jp/surgery1/aboutus/topics/chole/index.html
  • 2. 解説
[display]http://www.ususus.sakura.ne.jp/062-002cholecystolithiasis0.html
  • 3. 解説
[display]http://www.kanazawa-med.ac.jp/~hiromu/new_page_17.htm
  • 4. 解説
[display]http://hattori-clinic.com/byouki-tannou.stone.htm
  • 5. 解説
[display]http://www.sada.or.jp/feature/cholelithiasis.html
  • 6. [charged] Epidemiology of and risk factors for gallstones - uptodate [1]


胆嚢」

  [★]

gallbladder (Z)
vesica fellea
  • 図:N.290

解剖

  • 胆嚢径:長径8cm x 短径4cm以下
  • 胆嚢壁:3mm以下

胆管

血管

動脈

  • 後上膵十二指腸動脈と胃十二指腸動脈が十二指腸後部の胆管に血液を送る
  • 胆嚢動脈が胆管の近位部に血液を送る
  • 右肝動脈が胆管の中部に血液を送る

静脈

壁構造

胆嚢の収縮

臨床関連

胆嚢の徴候

胆嚢壁の肥厚


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.




胆嚢炎」

  [★]

cholecystitis

分類

経過

鑑別診断

  • (前胸部痛・背部痛が認められることがあるため)大動脈解離、急性心筋梗塞、急性心筋炎、肺血栓塞栓症 (救急医療パーフェクトマニュアル 改訂版 p.39)



炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡