胃腸炎型サルモネラ症

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ミドリガメから感染した胃腸炎型サルモネラ症の1例
  • 早苗 信隆 [他]
  • 臨床小児医学 26(4), p253-256, 1978-08
  • NAID 40003776484

関連リンク

胃腸炎型サルモネラ症を英語に訳すと ** いちょうえんがたさるもねらしょう (n) Salmonella gastroenteritis*関連語サルモネラ菌性胃腸炎 - 約486万語ある英和辞典・ 和英辞典。発音・イディオムも分かる英語辞書。

関連画像

IASR 30-8 サルモネラ症, Salmonella サルモネラ食中毒について におけるサルモネラの食中毒 微量血清による免疫反応が可能


★リンクテーブル★
関連記事サルモネラ症」「」「胃腸炎」「腸炎」「胃腸

サルモネラ症」

  [★]

salmonellosis
サルモネラ属食中毒菌

概念

  • サルモネラ属による感染症の総称

病原体

潜伏時間

  • 8-48時間

感染源

  • 食品:肉、
  • 保菌動物:poultry, カメ、cattle、ブタ、ヒツジ

感染のリスクファクター

  • 胃酸分泌低下、鎌状赤血球(サルモネラによる骨髄炎のリスクファクターでもある)、免疫能低下、4歳以下の子供(しかも重症化しやすい)

症状

  • 急性胃腸炎(下痢(水様)、腹痛、悪寒、発熱、嘔吐、頭痛などであるが、時には脱水症状)
  • 小児:重症で菌血症を併発しやすい。つまり重症化しやすい
老齢者や基礎疾患のある成人:病巣感染を起こしやすい。

検査

  • 便中からのサルモネラ属菌の検出。
  • (適応例は不明だが菌血症を起こしうるので)血液培養によるサルモネラ属菌の証明

治療

IRE.665
  • 対症療法:抗菌剤の使用は排菌期間を長引かせる
  • 薬物療法:抗菌薬の使用が認められるのは幼児、50歳以上、細胞免疫傷害(HIV、臓器移植、悪性腫瘍)、人工デバイス(人工骨頭、人工関節、人工弁)の使用、腎不全
  • シプロフロキサシン、レボフロキサシン、ST合剤、あるいはセフトリアキソンを使用

参考

uptodate

  • 1. [charged] サルモネラ症の微生物学および疫学 - uptodate [1]
  • 2. [charged] サルモネラ胃腸炎の病因 - uptodate [2]
  • 3. [charged] 便培養で非チフス性サルモネラが検出された患者へのアプローチ - uptodate [3]
  • 4. [charged] 非チフス性サルモネラ菌血症 - uptodate [4]



型」

  [★]

機序形式形成形態種類パターンパターン形成品種編成方法モード様式タイプ標本タイプフォーム成立形づくる
原型


胃腸炎」

  [★]

enterogastritis, gastroenteritis
食中毒
  • 嘔気・嘔吐、下痢、腹痛がそろえば診断しても良いが。



腸炎」

  [★]

enteritis
小腸結腸炎 enterocolitis、腸カタル intestinal catarrh
gastroenteritis



胃腸」

  [★]

gastrointestinalGI
胃腸管、消化管消化器消化器系胃腸管系




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡