胃液検査法

出典: meddic

examination of gastric juice



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 8. 選近迷切術における術前・術後胃液検査法の再検討(<特集>第16回迷切研究会)
  • 岡島 正純,児玉 治,向井 勝紀,土肥 雪彦,江崎 治夫
  • 日本消化器外科学会雑誌 20(10), 2469, 1987-10-01
  • NAID 110001307503

関連リンク

結核時、検査で胃液採取をする時(痰が採れない場合)には、採取時に 注意することがありますか。また、滅菌されたものを使用し、採取したほう がいいのでしょうか。
一般臨床検査 胃液検査 【1737】酸度測定 採取量→提出量(ml) 胃液 全量 容 器 A-1 検査方法 Topter-Michaelis法 基準値 保存方法 冷蔵 実施料 55 判断料 尿・糞便等検査 所要日数 1日 備 考 採取時間を明記し、ご提出 ...

関連画像

胃液を吸引するHOME > 食肉の安全上部消化管内視鏡検査」の検査 腹部超音波検査チール・ネールゼン染色法です パン屑ナビゲーション


★リンクテーブル★
関連記事胃液」「検査」「」「検査法

胃液」

  [★]

gastric juice



胃液の分泌

  • 1-2 L/day (2007年度後期生理学授業プリント)
  • 2-3 L/day (PT. 384)

定義

  • 胃腺から分泌される液体の総称

組成

1. 電解質:Na+,Cl-,K+,H+   特に、Cl-,H+の濃度が高い 2 .有機物:ペプシノゲンI、ペプシノゲンII、粘液、内因子

塩酸の機能

1. 蛋白分解(変性)作用、 2. ペプシンの至適pH (pH1.5-2.0)までpHを低下させる 3. ペプシノゲンをペプシンに変換する。  →ペプシンは不活性型(ペプシノゲン)で分泌され、塩酸と触れて初めて発生を持つ 4. 細菌発育阻害

各相の分泌調節機構

1. 頭相   全食事中の約1/2分泌   味覚、嗅覚(無条件性)   聴覚、視覚(条件性) 2. 胃相   全食事中の約1/2分泌   2-1) 食物流入→頭相による胃液の中和(pH↑)→G細胞のガストリン分泌抑制が解除される   2-2) 食物流入→胃体部・胃幽門洞拡張→胃壁伸展受容器→(迷走神経-迷走神経反射 or 局所反射)      →ACh→壁細胞が塩酸を分泌、G細胞がガストリンを分泌、主細胞がペプシノーゲンを分泌   2-3) 胃液→pH↓→粘膜受容器→局所反射→主細胞がペプシノーゲンを分泌   2-4) 食物中のペプチド、アミノ酸→G細胞がガストリンを分泌 3. 腸相   少量   糜粥→十二指腸粘膜からガストリンとセクレチン分泌の分泌→セクレチンにより主細胞からペプシノゲン分泌、HCO3-に富む膵液分泌

物質毎の分泌調節

1. 壁細胞による塩酸の分泌  塩酸分泌↑   細胞内における二次メッセンジャー(Ca2+、cAMP)の濃度上昇が引き金となり、Cl-チャネル活性化、H+-K+-ATPase活性化、K+チャネル活性化が起こる。    アセチルコリン→M3ムスカリン受容体→[Ca2+]↑    ヒスタミン→H2受容体→[cAMP]↑    ガストリン→ガストリン受容体→[Ca2+]↑  塩酸分泌↓   セクレチン,GIP→壁細胞の塩酸産生が抑制される。

2. 主細胞によるペプシノーゲンの分泌   迷走神経→ACh→主細胞がペプシノーゲンを分泌   pH↓→局所反射→主細胞がペプシノーゲンを分泌

臨床関連

  • 塩酸分泌を抑制するために、次のようなH2受容体遮断剤(抗潰瘍剤)が用いられている

  シメチジン cimetidine   ラニチジン ranitidine

胃液からの胃の保護

 胃粘膜防壁 Gastric mucosal barrier  1. 粘液分泌  2. 粘膜上皮細胞の増殖・分化    細胞新生が早く、3日で新しい粘膜に置換



検査」

  [★]

検定試験視察視診調べる調査テスト点検検討監査診察


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


検査法」

  [★]

method of examination
検査方法




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡