胃液分泌欠乏

出典: meddic

gastric achylia
achylia gastrica


関連リンク

2011年5月5日 ... 医学の本「The Pharmacological Basis of Therapeutics」によれば、一般人の10~ 15%は胃液の分泌が十分 ... ますが、様々な病気や身体の問題が、胃酸のレベルが 低い(低酸症)か酸の欠乏状態(無酸症or胃酸欠乏)から引き起こされて ...
2011年2月19日 ... なかには胃液をまったく分泌していないのに、消化器系統の異常を示す症状がまったく 観察されない人もいます。 その他、爪が弱かったり、割れやすかったり、女性の場合なら 髪の毛が抜けやすかったりも胃液不足のサインになります。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事胃液」「欠乏」「胃液分泌」「分泌

胃液」

  [★]

gastric juice



胃液の分泌

  • 1-2 L/day (2007年度後期生理学授業プリント)
  • 2-3 L/day (PT. 384)

定義

  • 胃腺から分泌される液体の総称

組成

1. 電解質:Na+,Cl-,K+,H+   特に、Cl-,H+の濃度が高い 2 .有機物:ペプシノゲンI、ペプシノゲンII、粘液、内因子

塩酸の機能

1. 蛋白分解(変性)作用、 2. ペプシンの至適pH (pH1.5-2.0)までpHを低下させる 3. ペプシノゲンをペプシンに変換する。  →ペプシンは不活性型(ペプシノゲン)で分泌され、塩酸と触れて初めて発生を持つ 4. 細菌発育阻害

各相の分泌調節機構

1. 頭相   全食事中の約1/2分泌   味覚、嗅覚(無条件性)   聴覚、視覚(条件性) 2. 胃相   全食事中の約1/2分泌   2-1) 食物流入→頭相による胃液の中和(pH↑)→G細胞のガストリン分泌抑制が解除される   2-2) 食物流入→胃体部・胃幽門洞拡張→胃壁伸展受容器→(迷走神経-迷走神経反射 or 局所反射)      →ACh→壁細胞が塩酸を分泌、G細胞がガストリンを分泌、主細胞がペプシノーゲンを分泌   2-3) 胃液→pH↓→粘膜受容器→局所反射→主細胞がペプシノーゲンを分泌   2-4) 食物中のペプチド、アミノ酸→G細胞がガストリンを分泌 3. 腸相   少量   糜粥→十二指腸粘膜からガストリンとセクレチン分泌の分泌→セクレチンにより主細胞からペプシノゲン分泌、HCO3-に富む膵液分泌

物質毎の分泌調節

1. 壁細胞による塩酸の分泌  塩酸分泌↑   細胞内における二次メッセンジャー(Ca2+、cAMP)の濃度上昇が引き金となり、Cl-チャネル活性化、H+-K+-ATPase活性化、K+チャネル活性化が起こる。    アセチルコリン→M3ムスカリン受容体→[Ca2+]↑    ヒスタミン→H2受容体→[cAMP]↑    ガストリン→ガストリン受容体→[Ca2+]↑  塩酸分泌↓   セクレチン,GIP→壁細胞の塩酸産生が抑制される。

2. 主細胞によるペプシノーゲンの分泌   迷走神経→ACh→主細胞がペプシノーゲンを分泌   pH↓→局所反射→主細胞がペプシノーゲンを分泌

臨床関連

  • 塩酸分泌を抑制するために、次のようなH2受容体遮断剤(抗潰瘍剤)が用いられている

  シメチジン cimetidine   ラニチジン ranitidine

胃液からの胃の保護

 胃粘膜防壁 Gastric mucosal barrier  1. 粘液分泌  2. 粘膜上皮細胞の増殖・分化    細胞新生が早く、3日で新しい粘膜に置換



欠乏」

  [★]

deficit
欠乏症 deficiency
欠損
  • 不十分な、不足した、不完全な、欠陥のある状態。



胃液分泌」

  [★]

gastric secretion
胃分泌
精神性胃液分泌



分泌」

  [★]

secretion







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3