胃ポリープ

出典: meddic

gastric polyp

  • ピロリ菌感染が原因の一つとなる。


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 大腸癌を合併しSMAD4遺伝子異常を確認できた若年性ポリポーシスの1例
  • 三宅 清花,上田 渉,有本 雄貴,佐野 弘治,大川 清孝,田村 和朗
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 64(3), 170-177, 2011-03-01
  • 症例は40歳代男性.食欲不振と下腿浮腫を自覚し近医を受診した.貧血と低蛋白血症を認め精査のため入院となった.上部消化管内視鏡検査で胃にポリープが密生し胃ポリポーシスと診断した.下部消化管内視鏡検査では盲腸には2型腫瘍と周囲に数個のポリープが見られた.直腸には数十個のポリープを認めた.胃ポリープの生検組織像,十二指腸ポリープと直腸ポリープの内視鏡的粘膜切除の組織像から若年性ポリポーシスと診断できたが …
  • NAID 10029095209
  • 十二指腸に嵌入した巨大な胃異所性 Brunner 腺腫の1切除例
  • 神戸 大介,森安 博人,相原 洋祐,津呂 公規,竹田 幸祐,前川 泰寛,櫻井 伸也,中谷 吉宏,松本 昌美,安田 里司,蜂須賀 崇,吉村 淳,島田 啓司
  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 107(11), 1798-1805, 2010-11-05
  • 症例は,81歳女性.主訴は,全身倦怠感.上部消化管内視鏡で,胃前庭部に基部があり,幽門輪を通して十二指腸内に嵌入する巨大な胃ポリープを認めた.腹部血管造影検査では,太い栄養血管を有し血流に富む90×35mm大のポリープ病変であり,内視鏡的切除は困難と判断して開腹手術を施行した.最終診断は,胃異所性Brunner腺腫であった.本邦において切除した胃異所性Brunner腺腫の報告は自験例を含めて3例の …
  • NAID 10027494369
  • 胃・十二指腸疾患 胃ポリープ,胃粘膜下腫瘍,胃腺腫 (消化・吸収・排泄イラストレイテッド--病態生理とアセスメント) -- (消化・吸収・排泄系の疾患)
  • 多発内分泌腺腫I型に合併したZollinger-Ellison症候群に多発胃カルチノイドを発症した1例
  • 高橋 直人,柏木 秀幸,小村 伸朗,坪井 一人,矢永 勝彦
  • 日本消化器外科学会雑誌 40(12), 1893-1897, 2007-12-01
  • 我々は十二指腸潰瘍穿孔を契機にZollinger-Ellison症候群(以下,ZES)と診断し,選択的胃迷走神経切離,幽門洞切除術を施行した症例の術後に,腫瘍再発に伴う高酸分泌を認め,それに対してProton pump inhibitorの長期投与が有用であった症例を経験した.しかし,本症例でその11年後,MENI型合併による残胃のEnterochromaffin-like cell細胞由来カルチ …
  • NAID 110006475256

関連リンク

胃のポリープの種類とその対処法について、消化器内視鏡専門医が詳しく説明。
胃ポリープ. 丸山雅一(癌研究会付属病院内科部長). 「胃にポリープがある」といわれる と、"がんになるのではないか"と心配する人が、まだまだ多いようです。しかし、胃に できるポリープのほとんどは、治療の必要がなく、心配ありません。
胃ポリープの症状にはどんなものがあるの?原因はなんなの?切除はどのように行うの ?このページではそんな疑問について説明していきます。

関連画像

胃ポリープ良性胃ポリープfundic2胃ポリープ若年性ポリープ200908262137_5.jpg


★リンクテーブル★
国試過去問104A022」「101A026」「103D026」「106F005」「103I005
リンク元胃腫瘍」「多発性ポリープ
関連記事」「ポリープ

104A022」

  [★]

  • 64歳の男性。上腹部の不快感を主訴に来院した。血液所見:赤血球 385万、Hb 10.6g/dl、Ht 32%、白血球8,600、血小板 24万。免疫学所見:CRP 0.2mg/dl、CEA 3.5ng/dl(基準5以下)。上部消化管造影写真(別冊No.4)を別に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104A021]←[国試_104]→[104A023

101A026」

  [★]

  • 64歳の男性。上腹部の不快感を主訴に来院した。血液所見:赤血球385万、Hb10.6g/dl、白血球8,600、血小板24万。免疫学所見:CRP0.2mg/dl、CEA3.5ng/ml(基準5以下)。上部消化管造影写真を以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 101A025]←[国試_101]→[101A027

103D026」

  [★]

  • 40歳の男性。健康診断の上部消化管造影で異常を指摘され来院した。上部消化管内視鏡写真と生検組織のH-E染色標本とを以下に示す。
  • 診断はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 103D025]←[国試_103]→[103D027

106F005」

  [★]

  • 胃体下部小彎の内視鏡写真(別冊No. 1)を別に示す。診断として最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106F004]←[国試_106]→[106F006

103I005」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103I004]←[国試_103]→[103I006

胃腫瘍」

  [★]

stomach tumor, tumor of the stomach, gastric tumor, gastric tumors
tumor ventriculi
胃癌胃新生物 gastric neoplasmstomach neoplasm



多発性ポリープ」

  [★]

polyposis
ポリポーシス
胃ポリープポリープ


胃」

  [★]

stomach (Z)
gaster, ventriculus
消化器系#上皮の移行
  • 図:KL.346(動脈)

解剖

  • 胃は以下の間膜によって連結されている。
    • 横隔膜の下面との間は胃横隔間膜
    • 脾臓との間は胃脾間膜

胃の位置

  • 噴門口:第7肋軟骨の胸骨付着部より約2cm左(T11の高さ) (KL.342)
  • 胃底:胃底の上端は左第5肋骨の高さ (KL.342)
  • 幽門:L1の高さ (KL.342)

胃の動脈


生理

胃腺の分布

2007年後期生理学授業プリント

粘膜上皮細胞 主細胞 壁細胞 副細胞
(頚粘液細胞)
腸クロム親和様細胞 D細胞 G細胞
噴門腺            
固有胃腺  
幽門腺          

HIS

部位 胃小窩 胃表面上皮細胞 主細胞 頚粘液細胞
(副細胞)
壁細胞 幹細胞 内分泌細胞
噴門部 噴門腺 浅い  
胃体部 固有胃腺 中間
幽門部 幽門腺 深い  

胃腺の移動

  • 胃底腺幽門腺の境界は移動する。
  • 年齢に伴って上昇する?らしく、これにともない胃酸の分泌が低下する。

胃液のホルモンによる分泌調節

消化管ホルモン 分泌細胞 分泌調節(+) 分泌調節(-) 作用
ヒスタミン 腸クロム親和様細胞 アセチルコリン
ガストリン
  胃酸分泌
ソマトスタチン D細胞     胃酸分泌抑制
ガストリン G細胞   胃pH低下 胃酸分泌

生理

神経支配

  • 内在神経系
  • 1.粘膜下神経叢
  • 2.筋層間神経叢
  • 外来神経系
  • 1.交感神経系
T6,7の側柱→大内臓神経(節前線維)→腹腔神経叢(節後線維)→内在神経叢内でシナプス前抑制、一部直接作用
  • 2.副交感神経系
迷走神経(節前線維)→内在神経系(アセチルコリン作動性ニューロン(興奮性)、VIP,NO作動性ニューロン(抑制性))

役割

  • 1. タンパク質の消化
  • 2. 食物の貯蔵
  • 3. 殺菌

機能

  • 1. 食物貯蔵
受け入れ弛緩(胃近位部弛緩)
  • 2. 食物混和
蠕動運動、逆移送
  • 3. 糜粥排出

受け入れ弛緩

  • 迷走神経反射。胃近位部伸展受容器→迷走神経→脳幹→迷走神経

臨床関連




ポリープ」

  [★]

polyp
茸腫隆起性病変 protruded lesion
ポリポーシス消化管ポリポーシス
  • 平坦な表皮や粘膜表面より突出する形で局所的に増殖する病変





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡