肺容量減少術

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 術前1秒量0.81Lであった重症COPD合併肺癌の1切除例
  • 牧野 崇,笹本 修一,秦 美暢,高木 啓吾
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 26(2), 157-161, 2012-03-15
  • 70歳男性.Chronic obstructive pulmonary disease(以下COPD)を合併した低肺機能の肺癌に対し肺葉切除術を施行した.Hugh-Jones分類 II 度で1秒量0.77 Lの重症COPDに合併した肺腺癌(C-T2N0M0)に対して,まず術前呼吸リハビリテーションおよびTiotropiumbromideの吸入を行い,3週間後に1秒量が0.81 Lに改善した.術後予 …
  • NAID 10030125584
  • リンパ脈管筋腫症により脳死片肺移植術後、肺移植再登録が必要となった症例の理学療法経験
  • 南島 大輔,仲冨 千瑞,秋場 美紀,森 信芳
  • 日本理学療法学術大会 2011(0), Db0557-Db0557, 2012
  • … 5ヶ月後には右中葉気管支に気管支塞栓子を留置し、中葉の縮小が得られたが呼吸苦は改善しなかったため、5ヶ月半後右残存肺の過膨張に対し、右肺容量減少術施行。 … 右肺容量減少術後は、ADL室内レベルとなり、病室内トイレへの移動も息切れが著明に出現するため、理学療法はベッド上でのコンディショニングのみという時期が半年続いた。 …
  • NAID 130004693297
  • Lung Volume Reduction Surgeryにおける短期呼吸リハビリテーションの実現可能性と有用性
  • 入江 将考,濱田 和美,古垣 浩一,山下 智弘,中西 良一
  • 日本理学療法学術大会 2011(0), Da0988-Da0988, 2012
  • … 【はじめに、目的】 肺気腫に対する肺容量減少術(Lung Volume Reduction Surgery:LVRS)において,呼吸リハビリテーション(呼吸リハ)は必須項目とされているが,最適な方法論は未だ明確にされていない.一般的には術前呼吸リハの期間は6~12週間の報告が多いが,当院では術前から術後までを一貫して入院中に短期集中的に行っている.今回,我々の呼吸リハプログラムの実現可能性と有用性について検討したので報告する …
  • NAID 130004693266

関連リンク

肺容量減少術を実施した重症 Chronic Obstructive Pulmonary Disease 症例の術後経過 吉村 力1) 久良木隆繁3) 豊島 秀夫1) 白石 素公1) 渡辺憲太朗1) 田 稔4) 岩崎 昭憲2) 白日 高歩 2) 1) 福岡大学医学部呼吸器内科 ...
高度肺気腫を合併したI期肺腺癌に対し 肺容量減少術 (LVRS)を兼ねて胸腔鏡補助下に肺切除術を施行した1例 村岡 昌司 , 赤嶺 晋治 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事容量」「」「肺容量

容量」

  [★]

capacitycapacitance
キャパシタンス電気容量、能力、静電容量

術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術


肺容量」

  [★]

lung capacity
機能的残気量





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡