肺化膿症、肺膿瘍

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事肺膿瘍」「肺化膿症」「膿瘍」「化膿」「

肺膿瘍」

  [★]

lung abscess, pulmonary abscess

概念

  • 肺化膿症の一つで、広義の肺炎である。 → 肺化膿症と同義に使われている印象がある。
  • 肺実質の壊死を来たし、膿瘍・空洞を形成する。
  • ニボー像が特徴的

病原体

  • 嫌気性菌が最多。
  • 黄色ブドウ球菌、クレブシエラ、大腸菌、緑膿菌も原因となる。

治療

  • 薬物療法:病原体が特定されれば感受性のある抗菌薬を、不明であれば広域スペクトルの抗菌薬を用いる(セフェム系抗菌薬、クリンダマイシン、カルバペネム系抗菌薬)
  • 外科療法:難治例に対して空洞切開術、肺葉切除

USMLE

  • Q book p.289 8
  • A patient develops an acute febrile illness with shivers, nonproductive cough, and pleuritic chest pain. Five days later, he presents to the emergency department after abruptly having "cough up" nearly a cup of blood-stained sputum.



肺化膿症」

  [★]

pulmonary suppuration, lung suppuration lung suppurations

概念

  • 肺炎の重症型/慢性型と考えられ、肺組織を破壊する肺炎・感染症 → 肺実質の破壊
  • 肺炎は原則的に肺の既存構造(肺組織)を破壊することはない

病原体

also see IRE.527




膿瘍」

  [★]

abscess
  • 組織、臓器に起こった化膿性炎(化膿)により好中球などの滲出物が蓄積した状態 (医学大辞典)
  • 腔が形成されており、そこに滲出物がたまる。



化膿」

  [★]

purulence, suppuration
purulenta
化膿性炎 purulent inflammation


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡