肺動脈造影

出典: meddic



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 慢性血栓塞栓性肺高血圧症の病態・診断と内科治療 : 労作時の息切れを主訴とする患者で,忘れてならない慢性血栓塞栓性肺高血圧症 (第1土曜特集 肺高血圧症診療の進歩) -- (肺高血圧症各論(疾患の解説と内科治療))
  • 肺高血圧診療における右心カテーテル検査 : 血行動態評価,肺血管反応性試験,肺動脈造影 (第1土曜特集 肺高血圧症診療の進歩) -- (肺高血圧症の診断法)

関連リンク

上記症状にて肺血栓塞栓症が疑われれば、肺動脈造影、胸部CT、肺血流シンチグラム 、肺換気シンチグラム、心電図(右心負荷)、動脈血ガス分析(酸素濃度の低下)、胸部X 線(部分的透過性亢進)などを行います。確定診断は、肺血流シンチグラムで可能 ...
肺血管造影検査は肺の血管をX線撮影する検査です。単純X線撮影では肺血管はよく 写りませんが、造影剤を注入することにより肺血管をX線撮影することができます。肺 血管造影検査には「気管支動脈造影」「肺動脈造影」「上代動脈造影」の3種類が あります。

関連画像

肺動脈造影肺動脈血管造影肺動脈造影画像 検査による肺動脈造影肺動脈(胸部)INTAGE使用事例 造影MRI肺動脈


★リンクテーブル★
国試過去問107B056」「099C043」「106D023」「101G014」「097D021」「097F014
関連記事肺動脈」「造影」「動脈造影」「動脈」「

107B056」

  [★]

  • 次の文を読み、55~57の問いに答えよ。
  • 68歳の男性。血痰を主訴に来院した。
  • 現病歴:3か月前から咳嗽があり、時々血痰も出現していた。最近血痰の回数が増加したため来院した。
  • 既往歴:55歳時に胆石症で手術。
  • 生活歴:中華料理店に50年間勤務。喫煙は20本/日を48年間。飲酒は日本酒5合/日を40年間。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識は清明。身長173cm、体重77kg。体温36.6℃。脈拍64/分、整。血圧134/82mmHg。呼吸数18/分。SpO2 93%(room air)。頸部リンパ節を触知しない。心音に異常を認めないが、呼吸音は右上前胸部で減弱している。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
  • 検査所見:血液所見:赤血球468万、Hb 13.9g/dl、Ht 42%、白血球8,800(桿状核好中球20%、分葉核好中球45%、好酸球1%、好塩基球1%、単球6%、リンパ球27%)、血小板15万。血液生化学所見:血糖130mg/dl、HbA1c(NGSP)7.4 %(基準4.6~6.2)、総蛋白7.5g/dl、アルブミン3.9g/dl、尿素窒素12mg/dl、クレアチニン0.6mg/dl、尿酸6.9mg/dl、総コレステロール246mg/dl、トリグリセリド190mg/dl、総ビリルビン0.9mg/dl、AST 35IU/l、ALT 28IU/l、LD 198IU/l(基準176~353)、ALP 264IU/l(基準115~359)、γ-GTP 50IU/l(基準8~50)、アミラーゼ98 IU/l(基準37~160)、CK 42IU/l(基準30~140)。CEA 3.5ng/ml(基準5以下)、SCC 9.7ng/ml(基準1.5以下)。CRP1.5mg/dl。心電図に異常を認めない。胸部エックス線写真(別冊No.5A)と胸部造影CT(別冊No.5B)とを別に示す。
  • 診断の過程でまず必要なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107B055]←[国試_107]→[107B057

099C043」

  [★]

  • 次の文を読み、43、44の問いに答えよ。
  • 57歳の男性。発熱と咳とを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 最近、仕事が忙しくて十分睡眠がとれない状況が続いていた。6日前から咳嗽と喀痰とが出現し徐々に増悪してきた。喀痰は黄色で膿性。3日前からは39℃台の発熱も加わり、全身倦怠感も出現してきた。胸痛と呼吸困難とはなかった。
  • 既往歴 : 40歳時、健康診断で尿糖陽性を指摘されたが放置していた。
  • 現症 : 意識は清明。身長163cm、体重62kg。体温39.2℃。呼吸数24/分。脈拍104/分、整。血圧146/84mmHg。胸部聴診で右下肺野にcoarse cracklesを聴取する。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖1+。血液所見:赤血球440万、Hb14.2g/dl、Ht44%、白血球14,500(後骨髄球2%、桿状核好中球20%、分葉核好中球45%、好酸球3%、単球5%、リンパ球25%)。
  • 血清生化学所見:血糖124mg/dl、総蛋白6.6g/dl、尿素窒素18mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl、総ビリルビン0.8 mg/dl、AST40単位、ALT35単位、LDH350 単位(基準176~353)。CRP15.6mg/dl。胸部エックス線写真を以下に示す。


  • この患者にまず行う検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099C042]←[国試_099]→[099C044

106D023」

  [★]

  • 60歳の女性。健康診断の胸部エックス線写真で異常を指摘され来院した。自覚症状はない。既往歴に特記すべきことはない。喫煙歴はない。身長153cm、体重55kg。体温36.8℃。脈拍60/分、整。血圧118/64mmHg。呼吸数16/分。 SpO2 99%(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。血液所見:赤血球380万、Hb13.2g/dl、 Ht33%、白血球5,600、血小板23万。 CRP 0.3mg/dl。胸部エックス線写真(別冊No. 7A)と胸部単純CT(別冊No. 7B)とを別に示す。
  • 診断のために行うべき検査として最も有用なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106D022]←[国試_106]→[106D024

101G014」

  [★]

  • 72歳の男性。胸痛、咳および痰を主訴に来院した。2週前から右胸痛があり、次第に増強している。喫煙30本/日を50年間。意識は清明。身長163cm、体重53kg。体温36.0℃。脈拍60/分、整。血圧160/86mmHg。心音に異常を認めない。右肺尖部で呼吸音を聴取できない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤血球390万、白血球7.300、血小板17万。血清生化学所見:AST36IU/l、ALT24IU/l、LDH283IU/l(基準176~353)。CRP0.2mg/dl。心電図に異常はない。胸部エックス線写真を以下に示す。
  • 次に行う検査はどれか。2つ選べ。


[正答]
※国試ナビ4※ 101G013]←[国試_101]→[101G015

097D021」

  [★]

  • 60歳の女性。交通事故で前胸部を強打し、救急車で搬入された。意識清明で胸背部痛を訴えている。体温36.9℃。呼吸数24/分。脈拍112/分、整。血圧86/64mmHg。顔面は蒼白で、眼瞼結膜は貧血様である。前胸部に皮下出血があるが腹部には異常はない。血液所見:赤血球350万、Hb11.0g/dl、Ht33%。胸部エックス線写真を以下に示す。まず行うべき検査はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 097D020]←[国試_097]→[097D022

097F014」

  [★]

  • 75歳の男性。2か月前から声がかすれるようになり来院した。来院時の血圧は180/100mmHg。胸部エックス線写真で左第1弓の突出がみられた。まず行う検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097F013]←[国試_097]→[097F015

肺動脈」

  [★]

plumonary artery PA
同?
肺動脈幹 pulmonary trunk truncus pulmonalis
肺静脈


  • 肺門で肺動脈はT5椎体の高さで肺に入る (Qbook. p56)


疾患との関連

肺動脈の拡張 QB.C-384

  • 左第二弓の突出 ≒ 肺動脈の拡張

造影」

  [★]

imaging
イメージング画像処理画像診断造影法画像法

動脈造影」

  [★]

arteriography
動脈造影法、血管造撮影、血管造影脳血管造影


動脈」

  [★]

artery (Z)
arteria
静脈



影」

  [★]

shadow
陰影




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡