肺動脈漏斗部狭窄症

出典: meddic

pulmonary infundibular stenosis, infundibular stenosis of pulmonary artery, infundibular pulmonary stenosis
肺動脈弁下部狭窄症 subvalvular pulmonary stenosis
肺動脈弁狭窄症肺動脈漏斗部狭窄



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 55) 舌癌の手術を全身麻酔下に施行した孤立性肺動脈漏斗部狭窄症の一例
  • 後藤 豊,藤代 健太郎,本郷 賢一,阿部 邦彦,高塚 洋二,田村 徹太郎,青山 尚文,望月 正武
  • Japanese circulation journal 60(SupplementIII), 716, 1997-01-20
  • NAID 110002607571
  • 26)放射線照射後に発現した肺動脈漏斗部狭窄症の1例(日本循環器学会 第72回北海道地方会)
  • 鎌田 晋輔,本多 敏朗,井上 仁喜,五十嵐 慶一,竹中 孝,堀本 和志
  • Japanese circulation journal 59(SupplementII), 590, 1995-06-20
  • NAID 110002618918

関連リンク

全国の肺動脈漏斗部狭窄症の治療実績・手術件数をDPCに基づく数値で検索することができます。肺動脈漏斗部狭窄症に関する治療実績は手術のあるなし、手術の種類、平均入院日数まで調べることができます。
ファロー四徴症 ファロー四徴症は1888年にフランス人医師Fallotにより記載された頻度の高いチアノーゼ性心疾患で,心室中隔欠損,肺動脈‐右室流出路狭窄,大動脈騎乗,右室肥大によって構成される。心尖は右室あるいは両心室で ...
Q24.3 肺動脈漏斗部狭窄(症) 分類ID 分類表記 ICD10-1 ICD10-2 交換コード 区分 コメント 1 20083964 肺動脈弁下狭窄症 Q24.3 C9EJ 1 2 20087454 右室漏斗部狭窄 Q24.3 K9UC 1

関連画像

肺動脈狭窄(弁狭窄、漏斗部 肺動脈 狭窄 漏斗 部 中隔 右前 肺動脈狭窄症


★リンクテーブル★
先読み肺動脈弁狭窄症
リンク元肺動脈弁下部狭窄症」「subvalvular pulmonary stenosis」「壁束」「中隔束」「pulmonary infundibular stenosis
関連記事肺動脈」「漏斗」「」「狭窄」「狭窄症

肺動脈弁狭窄症」

  [★]

pulmonic stenosis, pulmonary stenosis, PS, pulmonary valve stenosis
肺動脈狭窄症肺動脈狭窄
右室流出路
  • crescendo-decrecscendo murmur at pulmonic area
  • right ventricular hypertrophy
  • right atrial enlargement would not be present

概念

  • 肺動脈弁・弁下・弁上の狭窄

疫学

  • 肺動脈弁の狭窄が90%以上を占める(PHD.387)
  • 先天性心疾患の10%で肺動脈弁狭窄症が見られる(PHD.387)

病因

参考1

病態

  • 右室圧↑ → 右室肥大

重症度

  • a peak systolic transvalvular pressure gradient
>50 mmHg : mild
50< < 80 mmHg : moderate
> 80 mmHg : severe

症状

身体所見

  • 頚静脈圧波:a波の亢進
  • RV heaveを胸骨上で触れる
  • II音減弱
  • 収縮期駆出性雑音。ダイヤモンド型。2LSB。
  • PS(肺動脈弁狭窄症)の駆出性雑音は吸気で減弱するのが特徴。(PHD.388)
  • This occurs bacause with inspiration, the augmented right-sided filling elevates the leaflets into the pulmonary artery prior to RV contraction, preemping the rapid tensing in early systole that is thought to produce the sound.(PHD.388)
  • II音分裂音の拡大(A2---P2)
  • P弁両側での圧較差の上昇が緩やかだから?

参考

  • 1. [charged] Clinical manifestations and diagnosis of pulmonic stenosis - uptodate [1]

国試



肺動脈弁下部狭窄症」

  [★]

pulmonary subvalvular stenosis, subvalvular pulmonary stenosis
肺動脈漏斗部狭窄症

subvalvular pulmonary stenosis」

  [★] 肺動脈漏斗部狭窄症肺動脈弁下部狭窄症

壁束」

  [★]

parietal band
肺動脈漏斗部狭窄症


中隔束」

  [★]

septal band
肺動脈漏斗部狭窄症

pulmonary infundibular stenosis」

  [★] 肺動脈漏斗部狭窄症


肺動脈」

  [★]

plumonary artery PA
同?
肺動脈幹 pulmonary trunk truncus pulmonalis
肺静脈


  • 肺門で肺動脈はT5椎体の高さで肺に入る (Qbook. p56)


疾患との関連

肺動脈の拡張 QB.C-384

  • 左第二弓の突出 ≒ 肺動脈の拡張

漏斗」

  [★]

infundibulum (KL)
下垂体茎 pituitary stalk
下垂体
  • 図:L.415(模式図)
  • 下垂体の漏斗部と言われる

発生


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

狭窄」

  [★]

stenosis, stricture, constriction, narrowing



狭窄症」

  [★]

stenosisstenosesstenotic
狭窄




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡