肺動脈圧

出典: meddic

pulmonary arterial pressure pulmonary artery pressure PAP
肺静脈圧肺動脈楔入圧血圧

図:ICU.144

  • スワンガンツカテーテルで測定
  • 圧波形は歪んだ三角波

正常値

  • (安静時)
  • 収縮期圧 15-35 mmHg
  • 拡張期圧 8-12 mmHg、6-12 mmHg(ICU.144)


  • 17-32/4-13 mmHg (YN.C-29)


臨床関連


参考

  • 1. 図 圧波形
[display]http://www.info.pmda.go.jp/ygo/pack/20600BZY00755000_A_01_01/figures/200225_20600BZY00755000_A_01_01_fig05.gif



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 特発性肺動脈性肺高血圧症の治療目標としての肺動脈圧降下の重要性(6.肺高血圧症の最新治療,<特集>第75回日本循環器学会学術集会)
  • 溝口 博喜
  • 循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌 19(2), 266-269, 2011-09-25
  • NAID 110008750715
  • 獣医師生涯研修事業のページ Q&A小動物編[含 解答と解説] (日本獣医師会雑誌(日獣会誌))
  • 心エコー図検査での肺動脈圧ならびに右心不全の評価の注意点 (特集 肺高血圧症の最新診療早わかり) -- (診断法のエッセンス)
  • 武田 裕,大手 信之
  • 最新医学 65(8), 1730-1735, 2010-08
  • NAID 40017239740

関連リンク

肺動脈の血圧のこと。正常値は収縮期圧30~15mmHg、拡張期圧8~2mmHg、平均 圧18~9mmHgとされている。肺高血圧症診断のために測定される。肺動脈圧が高いと 右心室に負荷がかかるため、心臓.
黄色カテーテルの先端にあるバルーンを膨らませて右心室からの圧を遮断すると、肺の 毛細血管の静水圧を示すようになる。これが肺動脈楔入圧(Pulmonary capillary wedge pressure; PCWP)である。この圧は左心房の圧に ...

関連画像

肺動脈圧肺動脈圧を計るために、鎖骨下 yukiの病気は肺動脈弁狭窄症 図1内皮型一酸化窒素合成酵素の


★リンクテーブル★
先読み血圧」「肺動脈楔入圧
国試過去問095H009」「103D001」「103E039
リンク元圧力」「肺動脈カテーテル」「PAP」「肺静脈圧
関連記事脈圧」「肺動脈」「動脈圧」「動脈」「

血圧」

  [★]

blood pressure, BP
動脈圧 arterial pressure AP
血圧測定

成人の血圧(日本高血圧学会 2004年版ガイドライン)

  • 至適血圧:120mmHg かつ 80mmHg
  • 正常血圧:130mmHg かつ 85mmHg
  • 正常高値血圧:130~139mmHg または 85~89mmHg
  • 軽症高血圧:140~159mmHg または 90~99mmHg
  • 中等症高血圧:160~179mmHg または 100~109mmHg
  • 重症高血圧:≧180mmHg または ≧110mmHg
  • 収縮期高血圧:≧140mmHg かつ <90mmHg

糖尿病性腎症

  • 管理目標: 130/80 mmHg
  • 尿蛋白1g/日以上:125/75 mmHg

冠血管と血圧

  • In the normal state, autoregulatory mechanisms adjust coronary tone tomatch myocardial oxygen supply with oxygen requirements. In the absence of obstructive coronary disease, thesemechanisms maintain fairly constant rate of coronary flow, as long as the aortic perfusion pressure is approximately 60 mmHg or greater.

血圧の異常

血圧の上肢における左右差

  • 大動脈炎症候群:腕頭動脈、鎖骨下動脈の狭窄・閉塞を生じる
  • 動脈硬化:鎖骨下動脈領域の病変があるとき、左右の脈拍差や皮膚温の違いを生じる

血圧の上下肢の差(下肢>上肢)

  • 大動脈炎症候群:大動脈弓部が冒されやすいが、鎖骨下動脈が冒された場合に上肢の血圧が低下。
  • 解離性大動脈瘤:解離腔に生じた血腫が鎖骨下動脈を圧迫すると、上肢の血圧が低下
  • 大動脈閉鎖不全症Hill徴候

収縮期血圧のみ高い。拡張期血圧は高くない

拡張期に動脈血流が減少する病態(血流が体循環に押し出されないか、心収縮力のみ上昇している状態?(体循環の血管抵抗が上がっていない?))
脈圧が上昇する
  • 1. 大動脈基部の血流が逆流やシャントにより減少する場合
  • 3. その他

ショック

  • 収縮期血圧 90 mmHg以下

非侵襲的な血圧測定法による血圧の上肢・下肢の差

  • 血圧を測定するために駆血帯で血流を遮断する必要がある。このとき、下肢の動脈の方が深部を走行しているため上肢より強く駆血帯で圧迫する必要がある。強く圧迫を要する分だけ下肢の血圧が高く測定されてしまう。


心血管とその周囲の血圧 YN.C-29

see also PHD.61
中心静脈   肺動脈楔入圧
4~8 8~20
右心房 左心房
1~4 8~20
右心室 左心室
8~20 120~20
肺動脈 大動脈
8~20 120~70

臓器移植における脳死判定の除外

脳死判定、臓器の移植に関する法律施行規則#第二条第四項
  • 収縮期血圧が以下で定められる数値未満の場合には脳死判定ができない。
  • 1歳未満の者 65
  • 1歳以上13歳未満の者 年齢x2+65
  • 13歳以上の者 90

国試




肺動脈楔入圧」

  [★]

wedge
けつにゅうあつ
pulmonary arterial wedge pressure, PAWP, pulmonary artery wedge pressure
肺毛細血管楔入圧 pulmonary capillary wedge pressure PCWP PCW

基準範囲

  • 4.5-13mmHg (臨床検査法提要第32版 p.1574)
  • 正常値は2~15(平均9)mmHg。

臨床徴候との関連

  • スワン-ガンツ・カテーテルで肺動脈の枝を閉塞したときに、そのカテーテル末端で測定される血圧。
  • 拡張期左室圧を推定できる ← 拡張期には僧帽弁は開放されており、 左室圧 = 左房圧 = pulmonary venous bedの圧力
  • 左心系前負荷である左房圧を反映するため、左室の前負荷状態の指標として有用

疾患との関連

左室不全と右室不全 LAB.1573

  • NYHA基準によると
  • 左室不全:左室拡張末期圧12mmHg以上(肺動脈楔入圧13Hg以上)かつ心係数2.71/分/m2以下
  • 右室不全:右室拡張末期圧 5mmHg以下            かつ心係数2.71/分/m2以下



095H009」

  [★]

  • 次の文を読み、7~9の問いに答えよ。
  • 46歳の男性。背部に放散する激しい腹痛を主訴に来院した。
  • 現病歴 : 昨日の夕方に大量飲酒した。夜半から背部に放散する上腹部痛が出現した。今朝から疼痛がさらに増強し、腹部全体に広がり、冷汗も出現した。
  • 既往歴 : 6年前腹部超音波検査で胆石を発見されたが放置している。3年前から高血圧症でカルシウム拮抗薬を投与されている。
  • 嗜好 : 32歳時から1日平均約3合の日本酒を毎日飲酒している。
  • 現症 : 身長165cm、体重76kg。体温37.8℃。呼吸数34/分。脈拍124/分、整。血圧76/48mmHg。心肺に異常所見はない。腹部では、全体に圧痛を認め、反跳痛も認める。左背部に叩打痛を認める。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白1+、糖(-)。血液所見:赤血球391万、Hb12.7g/dl、Ht38%、白血球11,800。血清生化学所見:血糖215mg/dl、総蛋白6.2g/dl、アルブミン3.3 g/dl、尿素窒素50mg/dl、クレアチニン2.0mg/dl、総ビリルビン1.0 mg/dl、GOT62単位(基準40以下)、GPT76単位(基準35以下)、LDH760単位(基準176~353)、アルカリホスファターゼ296単位(基準260以下)、γ-GTP320単位(基準8~50)、アミラーゼ1,560単位(基準37~160)、Na133mEq/l、K5.0mEq/l、Cl 100mEq/l、Ca 7.2mg/dl、CRP 38mg/dl(基準0.3以下)。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air)PO2 60.6 Torr、base excess -5mEq/l。
  • この患者の病態で誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095H008]←[国試_095]→[095H010

103D001」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103C031]←[国試_103]→[103D002

103E039」

  [★]

  • Swan-Ganzカテーテル検査で測定できないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103E038]←[国試_103]→[103E040

圧力」

  [★]

  • 生理学での圧力の単位には以下のようなものが使われている。
    • mmHg
    • mmH2O
    • torr
  • 例えば、気体の分圧、血圧、浸透圧の大きさを表現するために使われている。

mmHgとtorr

  • 1 torr ≒ 1mmHg
厳密には異なる → トル

mmHgとmmH2O

Wikiによれば

1  [mH2O] = 9.80665 [m/s2] × 1000 [kg/m3] × 1  [m] = 9806.65 [Pa]

ゆえに

1 [cmH2O] = 9.80665 [m/s2] × 1000 [kg/m3] × 1 [mm] = 98.0665 [Pa]
1 [mmH2O] = 9.80665 [m/s2] × 1000 [kg/m3] × 1 [mm] = 9.80665 [Pa]

また

133.322 [Pa]=1 [torr] ≒ 1 [mmHg]~

よって

1 [mmHg] = 1.35951 [cmH2O] = 13.5951 [mmH2O]};

これはHgの密度を反映している

生体内の圧力

  • 参考
[display]http://www8.ocn.ne.jp/~halfboil/note/not-03.html
正常血圧 120/80mmHg SpO2=98%
CVP 中心静脈圧 4-8 mmHg 50-100mmH2O
SpO2=70-75%
RA右房圧 6mmHg SpO2=75%
LA左房圧 10/0mmHg SpO2=95%
RV右室圧 20/0mmHg SpO2=75%
LV左室圧 110/10mmHg SpO2=95%
PA肺動脈圧 20/10mmHg SpO2=75%
Ao 大動脈圧 110/70mmHg SpO2=95%
PAWP肺動脈楔入圧 10-12mmHg SpO2=100%
PaO2動脈酸素分圧 100-80mmHg  
PaCO2動脈炭酸ガス分圧 45+-5mmHg  
頭蓋内圧ICP intracranial pressure 6-12mmHg 120-180mmH2O
髄液圧   20-40mmH2O
門脈圧PVP   80-180mmH2O
胸腔内圧  
正常眼圧 15±5mmHg  
  • 肺毛細管圧:8-10 mmHg (SAN.192)
  • 肺静脈圧:4-5 mmHg (SAN.192)


肺動脈カテーテル」

  [★]

pulmonary artery catheterization
スワン-ガンツ・カテーテル Swan-Ganzカテーテル Swan-Ganz catheterization, Swan-Ganz catheter

測定可能な項目

合併症

ICU.141 参考1改変
  • 穿刺時:動脈穿刺、出血、気胸、神経損傷
  • 挿入時:不正脈、抜去困難、心臓・肺動脈穿孔
  • 維持中:不整脈、血栓(カテーテル閉塞、静脈内血栓)、肺梗塞、カテーテル関連感染症/敗血症、肺動脈弁損傷、血小板減少

参考

  • 1.
http://yf0117.blogspot.com/2009/01/swan-ganz.html
  • 2. [charged] Insertion of pulmonary artery catheters - uptodate [1]
  • 3. [charged] Pulmonary artery catheterization: Indications and complications - uptodate [2]
  • 4. [charged] Pulmonary artery catheterization: Interpretation of tracings - uptodate [3]


PAP」

  [★]



肺静脈圧」

  [★]

[[]]
肺動脈圧



脈圧」

  [★]

pulse pressure, PP
血圧、脈圧低下 脈圧狭小
  • 収縮期血圧(最高血圧)と拡張期血圧(最小血圧)の差。

脈圧の上昇

  • 血管壁の硬直によるウインドケッセル効果?の消失による
  • 動脈管開存症:拡張期血圧低下?
  • 拡張期に血流が肺動脈に流れてしまうため?

脈圧の低下

  • 脈拍増加を来す病態:出血、脱水、ショック
  • 拡張期の短縮 → 心室に血液が充分充満しないうちに駆出されるため
  • 十分な血流を大動脈に駆出できないため




肺動脈」

  [★]

plumonary artery PA
同?
肺動脈幹 pulmonary trunk truncus pulmonalis
肺静脈


  • 肺門で肺動脈はT5椎体の高さで肺に入る (Qbook. p56)


疾患との関連

肺動脈の拡張 QB.C-384

  • 左第二弓の突出 ≒ 肺動脈の拡張


動脈圧」

  [★]

arterial blood pressurearterial pressure, AP
血圧静脈圧動脈静脈



動脈」

  [★]

artery (Z)
arteria
静脈



圧」

  [★]

pressure
圧力




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡