肩回旋筋腱板損傷

出典: meddic

rotator cuff injuryrotator cuff tear
ローテーターカフ損傷肩腱板損傷


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

腱板損傷(1) 肩が挙がりにくい 病態 肩の深部にある回旋筋腱板 (「整形外科:肩関節」の項目参照)という腱性組織の損傷です。腱板の構成は棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つですが、もっとも傷みやすいのが棘上筋腱 ...
回旋筋腱板損傷には,挫傷,腱炎,および部分断裂または完全断裂などがある。 回旋筋腱板は,棘上筋,棘下筋,小円筋,肩甲下筋(SITS)から成り,腕を頭上に上げる運動動作(例,投球,水泳,重量挙げ,ラケットを使うスポーツでの ...
「痛み」の原因になりやすい骨や筋肉の疾患を中心に、病気やけがのない生活を送るための予防医学や健康増進、抗加齢医学について考えていきます。よりよい、より豊かな高齢社会を目指して、少子高齢化社会問題に取り組んでいきます。

関連画像

肩関節にある腱板肩の回旋筋腱板,肩の痛み回旋筋腱板の画像 p1_2回旋筋腱板損傷整形外科・スポーツ整形の 回旋筋腱板.bmp


★リンクテーブル★
リンク元ローテーターカフ損傷」「肩腱板損傷
関連記事損傷」「回旋筋」「回旋」「

ローテーターカフ損傷」

  [★]

肩回旋筋腱板損傷

肩腱板損傷」

  [★] 肩回旋筋腱板損傷


損傷」

  [★]

injury, lesion
傷害
  • 損傷 injury:組織の生理的な連絡が絶たれる、または機能が傷害された状態 → 機能障害が含まれる。
  • 機械的なエネルギーにより生じた損傷。
  • 外力によって生じた組織損傷を総括して創傷と言うが、皮膚や粘膜の連続性が離断した開放性損傷を<創>、連続性が保持された閉鎖性損傷を<傷>と区別して用いることがある(SLE.12)

分類(SLE.106)

  • 鈍体損傷
  • 鋭器損傷
  • 刺器・尖器によるもの
  • 銃器・火薬による損傷

参考

  • 1.
[display]http://www.jaam.jp/html/dictionary/dictionary/word/0906.htm
  • 2.
[display]http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/legal.dir/lectures/newest/node4.html


回旋筋」

  [★]

rotator (K), rotator muscles, musculus rotator
musculi rotatores



回旋」

  [★]

rotation (K)
軸旋捻転回転回旋



傷」

  [★]

wound
創傷傷つける




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡